12道制の広域自治体

2213年8月24日

未来社会へ飛んで来た当初、街で見かけたパトカーの表示が見慣れた「S県警」ではなく、「N道警」に変わっていることに気がつきました。「道」という自治体なら、昔は北海道しかなかったはずですが、S県は廃止されたのだろうか・・・。

調べてみると、警察が所属する広域自治体の制度と名称が大きく変更されていたのでした。つまり、21世紀初頭の47都道府県制は廃止され、今は12道制になっているのです。

「道」とは「地方圏」と呼ばれる広域自治体の名称で、現在は北海道・東北道・北関東道・中関東道・南関東道・北陸信越道・東海道・関西道・中国道・四国道・西海道・琉球自治道の12道に分かれています。

ちなみに東京は旧23区部(現在は12区)と旧市町村部が分離され、旧市町村部は南関東道に編入されています。旧区部は東京都市と呼ばれています。都市は市でありながら地方圏=道と同格な枢要都市を指しますが、大阪や名古屋など複数あり、東京都市はその一つにすぎない位置づけです。

国家という政治単位が廃止されたことで、中央集権制はすでに克服されており、いゆわる首都という中央集権を象徴する中心都市も存在しないのです。

ただ、国会に相当する中央民衆会議は真ん中の名古屋都市に所在するので、強いて言えば名古屋が現在の「首都」ですが、そうは呼ばれず、「政治都市」と通称されています。一方、現在の東京都市は政治経済都市から各種学術研究機関やシンクタンクが集まる学術都市へと変貌しています。

実は21世紀前半の地方制度改革で、日本はいわゆる「道州制」に移行していたのですが、これは国の一部権限を言わば払い下げしてもらう形で立ち現れた地方集権体であって、それは市町村自治を脅かす存在でもありました。

23世紀現在の道は主に警察・司法を中心とした秩序行政を担う自治体で、警察・裁判所のほか、常設の災害救難隊も保有しています。道にも固有の代議機関として民衆会議が置かれていますが、道の権限は限定されており、地方自治の中心は市町村にあります。この点でかつての「道州制」とは本質的に異なるものと言ってよいでしょう。

例外として、旧沖縄県に相当する琉球自治道は独自の道憲法を持ち、法体系も本土とは別立てで、他の一般道より高度の自治が認められる特別の地位を与えられています。沖縄は古くは日本とは別の王国であった歴史に鑑み、こうした地位が保障されているわけです。
[PR]
by komunisto | 2013-08-24 09:56 | 政治