「長」から「責任者」へ

2213年9月29日

旧社会では官民問わず、また大小にかかわらず、様々な組織体の中で「長」の付く役職が非常に目立ちました。係長・課長・部長などはその典型ですが、事務局長、書記長なども同類です。23世紀の現在、こうした「長」はめっきり減りました。代わりに「責任者」が増えています。例えば、係責任者・課責任者・部(総括)責任者のように。

管理職に付く「長」という接辞は専ら権限の大きさに着目した呼称です。つまり管理職とは権限の大きな職というわけです。それに対して「責任者」は権限より責任の重さに着目した呼称です。管理職とは単に権限が大きいのではなく、責任が重いのです。こうした変化は単に言葉のあやにとどまらず、意識の変化にも現れています。

かつて「長」は「上司」の権威の象徴であり、中には本当に自分は偉いと思い込み、部下に当り散らすような勘違い「長」も見られました。しかし「責任者」は権威より責任の象徴であり、自らが統括する部署の最終責任を負うべき人なのです。権限もそうした責任に裏打ちされたものであって、決して偉いわけではありません。そのため近年は「上司‐部下」という対語もあまり使われなくなっています。

権限より責任となると、旧社会のようにみんながこぞって「長」になりたがる風潮は影を潜め、本当に責任感の強い人だけが「責任者」になるという組織体にとってはプラスの効果も得られます。

ただ、「長」がこの世から消えてしまったわけではありません。本当に「長」と呼ばれるべき各組織体のトップはやはり「長」ですが、およそ未来社会の組織は合議を重んじる民主的な構造になっているため、例えば前回ご報告した電力事業機構のような基幹企業体トップも「社長」ではなく、「経営委員長」ですし、政治の最高機関たる民衆会議のトップでかつての元首や自治体首長に当たるような職も「議長」です。

こうして「長」が少なくなると、組織体のリーダーシップが弱くならないかとご心配かもしれません。しかし、未来社会のリーダーシップとは猿のボスのような一人の強力な個人の指導性ではなく、民主的な合議を通じた集団的指導と理解するのが世界標準です。ある意味で、人類は23世紀の今、ようやく「サルからヒトへ」の進化の長旅を終えたと言えるのかもしれません。
[PR]
by komunisto | 2013-09-29 11:54 | 社会