刑罰なき世界

2214年1月14日

冷凍食品への農薬混入事件の捜査は難航しているようですが、仮に誰かが意図的に混入させたのであれば、21世紀の日本では犯罪行為として厳罰に処されることは確実です。しかし、23世紀にはこうした犯罪行為はもはや刑罰の対象ではありません。ということは、犯罪は野放しなのか?

そうではありません。犯罪は取り締まられますが、それに対する処置の仕方が劇的に変化したのです。21世紀人には驚くべきことではありますが、およそ犯罪行為者に対しては、刑罰ではなく、特殊な矯正処分が課せられるのです。

この矯正処分は裁判の判決によって強制され、一定の場所―矯正所ーに拘束されるという形の上では刑罰に似ていますが、罰ではなく、教育・治療的な働きかけを中心とした処分とされます。

制度の詳細についてはまだ不勉強なのですが、基本的に1年から5年くらいを一単位として構成され、矯正の進展具合に応じてそれをさらに更新していくという仕組みのようです。この点でも、初めに懲役何年と決めて、その範囲内で懲罰にかける刑罰(懲役刑)とは異質のものです。

ちなみに、21世紀初頭の時点でまだ日本に残されている死刑という刑罰は、すでに廃止されて100年近くになります。日本で長く固執されていた極刑は、革命後、なおその存続を求めるいわゆる世論とは一線を画す形で、速やかに廃止されました。

かつて死刑に相当したであろう重大犯罪者に対しては、事実上の終身拘禁となる終身監置という処分が課せられます。刑罰で言えばいわゆる終身刑に当たりますが、文字どおりの終身拘禁ではなく、解除・釈放の可能性を残した柔軟な処分だといいます。

このような刑罰なき社会は、日本に限らず、今や世界共通のものです。200年前にはおよそ刑罰を持たない国は、私の知り得た限り、世界に存在しなかったと思いますが、現在では逆転し、刑罰制度は世界から一掃されたのです。

このことは、貨幣の廃止と並び、人類史的な大変革と言えるでしょう。貨幣が人類共通の経済的風習であったとすれば、刑罰は人類共通の法律的風習であったわけですが、それが一掃されたのですから。23世紀人にとって、刑罰は復讐やリンチと重なる過去の野蛮な風習と映るようです。
[PR]
by komunisto | 2014-01-14 14:08 | 法律