厳格な酒・タバコ規制

2214年1月30日

今回はお酒好きの人にとっては、悲報です。23世紀の現在でも酒類の製造は認められていますが、それは酒類製造機構という公共的事業体の独占事業とされるうえ、供給についても厳しい制約があり、かつてのような自販機での供給はもちろん、飲食供給所での提供も許可を受けた所定の供給所で一定時間内しか認められていません。

これはいわゆる禁酒法とも異なり、禁酒はしないものの、製造・供給を規制するという政策です。こうした政策の根拠は、酒類を嗜好品として認めつつも、過度の飲酒による心身の疾患や飲酒運転を防止するために、供給方法や時間を制限するものだといいます。

しかし、そうすると闇の酒場のようなものが発生しないか。これについては規制をかいくぐる密造酒の闇酒場がやはり存在するようで、時々警察に摘発されています。酒好きはいつの時代にもいるもので、規制が闇営業を生むのは避けられないでしょう。個人的には酒飲みではないので気になりませんが、良策かどうかについては何とも言えません。

ただ、21世紀に比べ、アルコール依存症や飲酒原因の肝臓病が減少し、また飲酒運転事故もほとんどないという限りでは、効果を発揮しているようです。

一方、タバコについては全面禁止政策です。これは世界的な共通政策となっており、タバコは世界中で麻薬より厳しい扱いを受けています。禁煙運動は21世紀にもありましたが、社会啓発だけでは律し切れず、法的な厳禁という強硬策に移ったのです。結果、肺がんの減少、ニコチン原因の諸疾患の予防が進んでいます。

こうした厳格な酒・タバコ規制が敷かれると、当然飲食店主やタバコ栽培農家は経済的打撃を受けますから、貨幣経済時代にはこうした規制には関係事業者団体から猛反対が起き、実現は困難でした。

その点、貨幣経済が廃された23世紀には、規制によって経済的打撃を受ける事業者は存在しませんから、反対は出ないのです。とはいえ、嗜好品の厳格な規制によっても、闇のタバコ栽培者を含め、闇業者の出現・跋扈を完全に抑止することは難しく、もぐら叩き的な様相となっているため、政策の当否をめぐる議論が続いています。
[PR]
by komunisto | 2014-01-30 13:01 | 経済