移民不要の時代

2214年2月27日

かつて人類史は、ある意味で移民の歴史でした。個人的な「移住」でなく、集団的な「移民」が発生するのは、ほとんど専ら経済的な理由―災害や戦争を契機とする場合でも結果同様―からでした。すなわち、貧しい国からより豊かな国への移民です。

このような移民現象が生じるのも、国により経済水準に著しい格差があったからでした。そうした国家間格差の要因は、貨幣にありました。個人間の経済格差と同様、国別の貨幣の持ち高による格差です。しかし、革命後、貨幣経済が廃止されたことで、こうした国家間格差も消滅し、世界は良い意味で均質になりました。もちろん、均質に貧困なのではなく、均質に充足しているのです。

そのため、ひとは生まれ育った領域圏―何度か紹介しているように、かつての国に相当する単位です―を集団で去る必要はなくなりました。移民の歴史は幕を閉じたのです。

ちなみに、かつて世界でも有数の人口減少が生じていた21世紀の日本では、一時移民受け入れによる人口維持策という愚策を試み、失敗に終わっています。

まず、元来異邦人に対して警戒的な風土で、移民政策への反対も強い中、移民受け入れ枠が中途半端なものに終わった一方、懸念されていたとおり、移民は社会で受け入れられず、被差別下層民として底辺労働で搾取されました。結果は、貧しい移民地区の形成と治安の悪化でした。移民排斥を訴える極右政党が議会を席巻し、この政策は間もなく廃止されています。

移民は日本に限らず、程度の差はあれ、こうした周縁化問題と民族摩擦を引き起こすということも、歴史の法則です。

思うに、人間は生まれ育った風土から切り離すことのできない生き物であって、個人的な理由から海外へ移住する場合を除き、生まれ育った領域圏内で生涯を終えるのが最も自然なようであり、また社会の安定にもつながるようです。
[PR]
by komunisto | 2014-02-27 08:41 | 経済