4月は通過点

2214年3月31日

昨年6月より「未来社会ブログ」に衣替えして初めての4月を目前に控えています。21世紀の日本では、いまだ4月から新年度という基準が残されていることでしょう。 

そのため、前月の3月は締めくくりの季節ということになる一方、入学や就職の夢破れてか自ら人生を締めくくってしまう人も多く、公式に「自殺対策強化月間」に指定されていたものです。

23世紀の現在、こうした「4月基準社会」はもはや過去のものです。基礎教育の学校関係は9月入学が基本となっていますから、学期も9月基準で組まれており、4月は単に季節の変わり目の通過点でしかありません。

就職に関しては、高等教育としての大学制度が廃止され、生涯教育制度に移行して以降、そもそも「新卒一斉採用」の習慣が消滅したため、官民問わず随時募集・採用が基本です。 

人事の入替えなど業務年度については、現在では単純に1月基準となっていますから、1月期から新年度が始まることになり、4月は特段の意味を持たず、やはり通過点の一つです。

こうして、4月が新年度の開始月でなくなると、3月にも締めくくりの意味は特になく、それは冬が終わって春の始まりを報せるという自然の周期の一つでしかなくなります。

こうして200年後、4月がもはや社会運営の基準季としての意味を失ったのは、世界共同体の創設により、各領域圏の社会運営にも世界標準が適用されるようになったことによるようです。

とはいえ、社会慣習的には日本領域圏の4月には一区切りのリセットの季節という意義はなお残されており、3月から始まる恒例のお花見行楽も盛んに行われています。
[PR]
by komunisto | 2014-03-31 10:47 | 社会