LGBT天国

2214年4月29日

23世紀の世界で感銘を受けることは、性的少数者の権利が完全に保障されていることです。21世紀にはLGBTと言われていましたが、そんな用語も不要なほど、性的少数者はごく当たり前の存在です。

例えば、かつてはほぼあり得なかった職場や学校での同性恋愛やその結果としての同性パートナーシップもごく普通で、それを奇異に思う人はいません(前にも報告したとおり、現在婚姻制度はすべて公証パートナーシップ制に変わっていますから、同性婚とは呼ばれません)。

各界でも同性愛を公言する人や性別転換した人が普通に活躍し、そのことがあたかもスキャンダルのように騒がれることはありませんし、女装のおネエさんタレントたちが好奇の脚光を浴びるということもありません。

政治の世界でも、かつてほとんど見られなかった同性愛の自治体首長相当職(民衆会議議長)は今や珍しくないのです。海外ではすでに何人も出ていますが、いずれ日本でも性的少数者の元首相当職(中央民衆会議議長)が輩出するでしょう。

社会の性意識の革命的な変化には本当にめざましいものがあり、23世紀はLGBT天国と言ってよいものがあります。今や、憲法にも性的指向による差別禁止が明記されていることも、そうした変化の現われです。

これは日本だけのことではありません。かつて宗教上の理由から反同性愛の風潮が最も強かったイスラーム圏ですら、状況は変わっており、同性パートナーシップももはやタブーではありませんし、それを禁ずることは世界共同体憲章にも反します。

こうした変革の要因は、やはり地球全体が共産化されたことで、宗教倫理的な縛りから人類総体が解放されたこと、人を排除する衝動よりも、共に在ることへの希求が強くなったことの結果と考えられます。
[PR]
by komunisto | 2014-04-29 11:58 | 社会