線路は一本

2214年6月28日

23世紀の日本は相変わらず鉄道網が発達していますが、200年前と決定的に違うのは、鉄道網がすべて一本化されていることです。どういうことかと言うと、公営の地下鉄や路面電車を除く鉄道網はすべて「日本鉄道事業機構」という公企業が運営しているのです。

従って、日本中の鉄道網が文字どおり一つにつながったわけではありませんが、機構により一括運営されています。それでは20世紀の国鉄分割民営化に完全逆行では?と思われるかもしれませんが、これは、他のすべての基幹産業(環境高負荷産業)が公企業として一本化されていることの一環なのです。

そうすると、かつてJRの他にもたくさんあった私鉄がすべて一つになってしまったのかと残念に思う人もいるでしょうが、すでに200年前にも、多くの鉄道会社が相互乗り入れ政策によって部分的には一本化されていたのですから、完全一本化はその延長と思えばよいと思われます。

とはいえ、日本もなかなか広いので、機構は地方圏ごとに設置された地方事業所を通じて分権的な運営がなされており、鉄道員の制服も事業所ごとに違っています。例外はオール・リニア化された旧新幹線のリニア線で、これはリニア高速線事業部という特設部が事業所の境界を越えて統合運用しています。

ちなみに、地方の閑散路線を廃止するかどうかについては沿線住民の直接投票にかけることが法律で義務づけられており、住民投票の結果、存続・ライトレール化されることが多いようです。

鉄道一本化で不便なことと言えば、路線名が紛らわしいことです。かつては同地域を走っていた競合路線だったものまで一本化されているため、似た名称の路線も多く、私のような旧世界人でなくとも、乗り間違いが生じやすいのです。

その点を除けば、一本化されて不便なことは特に見当たりません。運賃はなく、完全無料ですし、必要なサービスも行き届き、保守点検のような安全対策は商業鉄道時代よりも万全です。鉄道の競合化がサービス向上につながるというのは、20世紀的神話だったようです。 
[PR]
by komunisto | 2014-06-28 10:26 | 経済