代議員免許試験

2214年11月29日

23世紀の民衆会議代議員は代議員免許取得者の中からくじ引きで選ばれるとご報告したことがありますが、代議員免許試験とはどんなものなのか、興味があり、覗いてみました。

まずこの免許試験で問われることは、市民が中央・地方の代議員として活動するうえで必要な社会科学的な素養です。などと言えば、各種資格試験のような難関なのかと思われるでしょうが、そうではなく、合格率80%以上、落ちても最悪三回以内で合格するとされています。

内容は[Ⅰ]基礎科目として「政策立案」、「立法技術」、「政治倫理」、[Ⅱ]政策科目として(A群)は必修科目の「政治・法律」、「経済・環境」、(B群)は「福祉・医療」、「教育・文化」のいずれか一方を選択します。

結構盛りだくさんで大変なように見え、21世紀の人なら「受験対策」に走りたくなるかもしれませんが、問われる内容は、13年間一貫制の基礎教育(義務教育)の内容に多少上積みした程度のことにすぎません。逆に言えば、それだけ基礎教育の内容は充実しているということです。

しかも、試験方法も民衆会議が定期的に監修・発行する各科目の公式テキストを試験会場に持ち込んでよいという寛大なもので、いわゆる丸暗記は必要ないのです。設問は暗記力を問うのでなく、テキストの情報をもとに自ら課題を発見・解決するというまさに代議員の任務に沿ったものとなっているからです。

免許試験の受験資格も寛大で、基礎教育の過程を修了していなくとも、15歳以上なら誰でも受けられます。実際、毎年10代の免許取得者も少数ながら出ています(ただし、代議員の適格年齢は19歳以上)。

また海外からの移民でも居住2年以上なら受験可能です(代議員となるには、地方で3年以上、中央なら5年以上の居住歴が必要)。そして、嬉しいことに、私のように過去から来た旧世界人にも受験資格があります。

21世紀にいた頃、丸暗記が何より苦手だった私にとって、テキスト参照OKの問題発見型試験は理想の試験に思え、旧世界人なりに政治貢献すべく、受験を考えているところです。
[PR]
by komunisto | 2014-11-29 10:42 | 政治