脱資格社会

2215年4月19日

かつて様々な専門職が広い意味での「資格制」になっていた時代がありました。特に日本はおそらく世界一の「資格社会」で、多種多様の職が資格化され、資格試験への合格が社会へのパスポートになっていました。まだ21世紀に生きる方々は実感できるでしょう。

しかし、現在23世紀はもはや資格社会ではなくなっています。もちろん医師、看護師など医療系専門職のようなものは依然として資格制(免許制)で、しかも医師免許などは一度取得すれば終身間有効な特権ではなく、一定期間ごとに更新されていくというように厳格化されています。

また以前の記事で紹介したように、歯科予防師とか、臨床哲学士児童保護士などといった23世紀ならではの未来資格も生まれています。

その一方で、かつて無数に林立していた業界資格的なものは多くが廃止されています。業界での技能評価は就職後、実地で行われ、形式的な資格証明によるのではありません。

思うに、かつて資格が隆盛だったのは、旧来の身分制社会が崩れ、多くの職業が世襲制や徒弟制ではなくなった反面、所定の職業能力を簡単に証明でき、かつ組織内研修の手間を省ける手段として、「資格」が利用されていたのでしょう。結果として、今度は「資格」によるある種の身分制社会が立ち現われており、その傾向は資格林立社会の日本で特に顕著化していたのでした。

現在、かつて皆が「資格」取得に奔走させられていた時代を、少し皮肉を込めて「士師時代」と呼んでいます。「士師」とは、今でもそうですが、日本の各種資格には「士」または「師」の付くものが多いため、それらを併せて「士師」と呼ぶようです。

23世紀が「士師時代」でなくなった理由として、一つには他目的大学校のように一度社会に出た後、いつでも必要に合わせて実用的な科目を学べる生涯教育制度が確立されたこと、また各職場ごとの内部研修制度が充実していることが挙げられます。

「士師」となるために個人の費用負担で資格取得に必要な、時に長期に及ぶ「受験勉強」に追い立てられる代わりに、実質的な技能習得・向上のための社会的な諸制度が確立されているのも、貨幣経済の廃止という人類的な大決断の成果と言えるようです。
[PR]
by komunisto | 2015-04-19 09:30 | 経済