ギリシャは今

2215年6月30日

そちら21世紀にはデフォルト問題など、何かとお騒がせで、ややお荷物的な立場になっているらしいギリシャですが、23世紀の現在、ギリシャは平穏な地中海の領域圏として人気です。

資本主義の時代、たしかにギリシャは優等生とは言えませんでした。理由はよくわかりませんが、のんびりした地中海の代名詞のような風土と気風は、生き馬の目を抜く競争の資本主義市場経済ではどうしても落ちこぼれ気味だったのでしょう。

それが貨幣経済が廃止された23世紀となりますと、俄然立場が変わりました。のんびりゆったりのギリシャ的なものは、一つの模範と考えられています。必要な物を必要なだけ生産し、あとはゆっくり休み、質素な生活を楽しむのです。

共産主義計画経済の時代、元劣等生のギリシャは優等生です。ただ、経済計画はやや大雑把で、需給関係のバランスを崩すことがたまにあるようなのですが、それもギリシャ流ということで、さほど問題視されないようです。

一方、かつて資本主義の優等生だったアメリカや日本、ドイツなどは、共産主義の時代にも健在ですが、どちらかと言えば地味な存在であり、ギリシャのほうが先進領域圏とみなされることもあるようです。

ちなみに、ギリシャは観光地として相変わらず人気ですが、老朽化してきた遺跡保護の規制が厳しく、観光名所の多くが立ち入り禁止となっています。この点も、めぼしい産業がないため、遺跡を売りに観光をドル箱としていた時代とは事情が異なります。

劣等生の時代からギリシャを贔屓にしていて、応援していた者としては、今、ギリシャが新しい時代の代表として評価されているのを見ると、駄目だった子の成長を見る親のような心境です。
[PR]
by komunisto | 2015-06-30 16:28 | 経済