自動車は進化せず

2216年1月9日

23世紀の世界では、これまでにもご報告してきたように、様々な事物が革新されていますが、200年前と比べてあまり進化していないように見えるのが、自動車でしょうか。

旧世界にいた頃、未来社会を描いたイラストやSF映画にも出てきた空中浮揚自動車に憧れたことがあり、200年後の23世紀世界では見られるかと期待したのですが、やはりあのような技術は実用化されていませんでした。

私がいた21世紀初頭にはまだ試作段階で、将来の普及が想定されていた「自動」自動車も普及していないどころか、自家用車については道交法で自動運転が禁止されています。この点は、電車が原則自動運転化されていること(過去記事参照)と比較して対照的です。

「自動」自動車は交通事故減少に寄与すると言われていましたが、検証の結果、電車のように定められた軌道上を走行しない自動車ではオール自動化は困難であるところ、運転者の手動運転の経験が不足することでかえって手動運転時の危険が高まることや、システム不具合への対処が素人の運転者では困難であることが考慮されたそうです。

一方で、長距離バスのような公共交通に投入される大型車は自動運転システムが導入されているのですが、この場合も訓練された職業運転手が必ず乗務し、必要に応じて手動運転への切り替えがいつでも実行できるように備えられています。

こういうわけで、自動車は以前のたよりでご報告した水素自動車の普及以外、特に大きな革新は見られず、外見上は旧世界と変わりありません。

しかも、これも以前のたよりでご報告したように、23世紀は車社会ではないので、自動車の台数が大幅に減少していて、自動車という乗り物自体、旧世界の産物とみなされているのです。
[PR]
by komunisto | 2016-01-09 12:47 | 社会