ハンコの消滅

2216年1月30日

23世紀に飛んできて、助かったことはいろいろありますが、押印という慣習が消滅していることはその一つです。23世紀の日本人の多くは、ハンコ(判子)という単語をご存知ありません。

ハンコ慣習の廃絶で私が助かるのは、押印が苦手だったからです。まっすぐ綺麗に押印できず、印章の鮮明さが要求される文書の場合、恥ずかしながらしょっちゅう突き返されていたのでした。

私が旧世界にいた最後の頃、すなわち21世紀初頭の時代には次第に押印慣習が廃れ始め、押印省略・サインのみで可という場面が増えていましたし、サインも電子サインの導入が始まっていました。ですので、23世紀の押印廃絶はそうした証明行為の現代化の延長上のことと考えられます。

23世紀の証明はサインのみですが、直筆ではなく、電子サインです。指ではなく、電子サインペンを使って画面に署名します。私の記憶では21世紀初頭ではまだ電子サインシステムが導入されていなかった郵便局の配達でも、現在は配達員が電子サインに対応する端末を携帯しています。

ただし、例外があります。一つは公印と呼ばれる公的機関や企業体の言わばハンコです。これは、組織ごと個別に所持され、組織発行の正式な文書には必ず押印されます。この限りではハンコの制度が残されているわけですが、これは個人のハンコとは異なる組織のお印です。

もう一つの例外は、例えば法廷に提出される可能性のある文書のように、高度な証拠価値を要求される文書については、作成者の指紋を押すことが義務付けられていることです。これを「押紋」と呼びます。押紋の手続きは通常、証拠提出時に裁判所などの司法機関で行なわれます。

ここまで来ると、ハンコのほうがまだましのようにも思えてくるのですが、23世紀の人たちは存外平気のようです。おそらく個人情報保護のレベルが極めて高いことによる安心感なのでしょう。
[PR]
by komunisto | 2016-01-30 11:44 | 社会