23世紀的親子関係

2216年2月27日

23世紀の親子関係は、驚くほど希薄、というよりあっさりしています。現在「子どもは社会が育てる」という理念が定着しているため、子どもは親以上に社会の宝なのです。ですから、子どもは早くから自立していきます。

まず保育が義務化されており、親が働いているか否かを問わず、満1歳から保育所に預けられます(0歳児保育は任意)。従って保育所はもはや託児所ではなく、準教育施設として位置づけられています。

保育所を「卒業」後は、地域に設置された子ども館という施設に子ども養育官が配置され、ひとりひとりの親代わりとなります。両親がそろっている子でも同様です。

さらに、8歳から15歳までの子どもは全員が地域少年団に所属し(上掲子ども館が所管)、週末には団の野外活動に出かけることがあります。地域の子どもたちは擬制的なきょうだい関係とみなされているのです。

成人年齢は現在18歳に引き下がっていますが、成人したら子どもは親の家を出るのが通例であるため、公営住宅には独立したばかりの若年成人専用の住居が用意されています。言わば「独立デビュー」制度です。

独立後も親子の縁が切れるわけではないですが、親が成人した子を送り出した後は、お互い他人同士と割り切って、よほどのことがない限り行き来もしないことは珍しくないようです。

旧世界人からすると、これでは親の無責任を助長するようにも思えますが、むしろ昔、皇族・公家・大名などの貴種階級では、子どもは両親ではなく、乳母など傅育専門官が養育したのと似ているような気がします。現在ではすべての子どもが社会によって養育されるのです。

もちろん親も産み捨てが許されるわけではなく、子どもの「製造元」としての責任はありますが、それはあくまでも社会による養育に協力する―少なくとも虐待や放置のような社会の養育を邪魔するような振る舞いはしない―義務にすぎないのです。

考えてみると、このようなあっさりとした親子関係は、ドロドロとした親子密着関係よりも生物学的に合理的かつ健全のようで、23世紀には近代的核家族関係にありがちな家族病理的な精神疾患が少ないと言われています。
[PR]
by komunisto | 2016-02-27 09:23 | 社会