23世紀「都市」とは

2216年5月28日

23世紀における「都市」という制度について、補足をしておきたいと思います。かつて「都市」と言えば、一般的に都会のことでしたが、現在「都市」とは、市でありながら、道と同等の権限を持つ地方自治体を指す法令用語です。

道とは地方圏と呼ばれる広域自治体で、21世紀までの都道府県をより大きなまとまりで束ねた単位。現在は12あります。それら道の内部に、道と同等の大都市が点在しているわけです。

道と同等ということは、警察・司法を中心とした秩序行政を担う自治体で、独自の警察・裁判所を持つということを意味します。ですから、例えば、福岡市警察とか福岡市裁判所といった「市営」の警察や裁判所もあるのです。

こうした「都市」は、東京、横浜、名古屋、大阪、広島、福岡、仙台、札幌の八つです。正式なものではありませんが、これらの都市にはそれぞれの特徴に応じ、学術都市(東京、仙台)、経済都市(横浜、大阪、福岡)、歴史都市(京都)、政治都市(名古屋)、北方都市(札幌)、平和都市(広島)といった通称があります。

東京が政治経済の中心ではなくなり、学術都市となっているのが過去200年の大きな変化です。政治は真ん中の名古屋へ、経済は横浜と大阪、福岡へ遷っています。ただし、経済と言っても、商業は廃されているため、経済計画機関の本部(横浜)と代表部(大阪、福岡)が所在することを意味しています。

これらの通称はあくまでも各都市の主要な特徴をとらえたもので、上記の八都市はいずれもその地方における中心市ではあるのですが、21世紀までに比べると、都市への機能集中は大きく削減され、バランスの取れた分散化が図られています。

ちなみに、21世紀までの意味合いで「村落」に対照させて「都市」と言いたい場合、23世紀の社会では「都会」という言い方をすることが多いようです。これには何だか昭和的な言い回しのような懐かしさがあるように思います。
[PR]
by komunisto | 2016-05-28 12:37 | 政治