貨幣廃止社会の人間像

2216年6月5日

これまでの通信でたびたびご報告してきたように、23世紀は貨幣のない社会です。あらゆる物やサービスがすべて計画的に無償で供給される社会。このような社会に住む人間たちは、21世紀までの貨幣社会の人間たちとはどう違うでしょうか。

表面上は同じ人類ですが、その性格や思考行動様式にはかなり違いが見られます。23世紀人は貨幣というものを知らないため、損得計算をしません。かれらは損得よりも、要否で行動します。つまりある行動が必要か、不要かです。

その結果として、必要だけれど損になるとか、得にならないといった理由である行動をしないという意思決定には至らず、必要な行動なら何でもするようになります。

また当然にも仕事の報酬として金銭を受け取ることはあり得ないため、無償で仕事をすることに抵抗感がありません。ですから、23世紀人はある意味でばか正直なほど勤勉に見えることもあります。

さらに、あらゆる事業が金儲けを目的としない共産主義社会であるため、金銭的な利欲と絡んだ利己主義的な思考行動様式が見られません。自分と自分が所属する組織の利益しか考慮しないという利己主義傾向はなく、人々はごく自然に無償で助け合うことができます。

その結果、医療や福祉の分野では原点である人道性が回復されているばかりか、工場労働のような分野ですら、無償で社会的な生産活動に従事することが普通に実現されているのです。利他主義という言葉を使わなくとも、利他主義的です。

貨幣というある種の麻薬を完全に抜いてしまったことで、人類はその性格まで変化したようなのです。総じて―残念な例外もありますが―23世紀人は親切で、他人への暖かな関心が高いと感じます。これも損得計算をしないこと、利他主義的であることから生まれる性格なのかもしれません。

翻って、貨幣経済がその最高度の形態に達しているそちら21世紀の状況はどうでしょうか。あまり悪くは言いたくないのですが、少なくとも、私が21世紀世界にいた最期の頃の人間像は23世紀人とは好対照だったと記憶しています。

さて、当ブログは現実暦2013年(未来暦2213年)6月にタイトルを変更して以来、次第に更新ペースを落としながらも、定期通信をしてまいりましたが、管理人(筆者)のよんどころなき事情により、今月より不定期通信に変わります。従前よりもペースはさらに落ちるでしょうが、ぼちぼちと23世紀社会の様子をご報告していきたいと存じます。
[PR]
by komunisto | 2016-06-05 11:14 | 社会