星空の回復

2216年6月11日

そちら2016年の世界では、夜間照明などの過剰な発達のせいで、日本の人口の7割が天の川が見えない地域に住んでいるそうです。ちなみに米国では8割、欧州で6割と、どうやら21世紀「先進諸国」では同様の状況が進行しているようです。世界全体でも3人に1人は天の川が見えず暮らしているとか。

ところが、23世紀の世界に飛んできてしばらくして気がついたのは、星空の美しさでした。地元でも天の川が見えます。理由は、やはり人工照明の減少にありました。特に、ネオンの類は法律上、明るさや照明時間が制限されているのです。

これは、環境計画経済に伴う電力供給の規制とも関わっており、23世紀的計画経済体制の重要な施策でもあります。結果として、人工照明が自然の光を妨げる「光害」は顕著に解消されてきているのです。

残念ながら、23世紀現在における天の川の「見える化」率のデータは見つかりませんでしたが、おそらく数字は200年前とは逆転に近い状況だと思われます。実際、東京のような大都市でも天の川がよく見えると聞いています。

人工照明にも芸術的に優れたものがあることはたしかですが、何と言っても自然の星の光には他に代えられない魅力があります。旧世界にいた頃は星空を見る習慣すらなかったので、意識したこともなかったのですが、資本主義は星空すら奪っていたのかと200年後の世界に飛んでやっと気がついた次第です。
[PR]
by komunisto | 2016-06-11 09:54 | 環境