23世紀世界旅行記(8):ポランド領域圏

2217年5月17日

スロヴァキーオ〔スロヴァキア〕から、ポランド〔ポーランド〕へ入りました。代表都市はワルシャワです。今回は鉄道を使わず、エアバスで移動しました。ワルシャワの空港は、ワルシャワ・ザメンホフ空港と呼ばれます。

ザメンホフとは今や世界公用語であるエスペラント語の創案者ルドヴィコ・ザメンホフで、当時ロシア領だった旧ポーランドの出身でした。そのことを記念して、ポランド玄関口の空港に彼の名が冠されているのです。

ちなみに、ワルシャワの空港は革命前、ワルシャワ・ショパン空港と呼ばれていました。ショパンはポランドが生んだ作曲家で、少しでも音楽、特にピアノを齧ったことのある人なら誰でも知っている「ピアノの詩人」フレデリック・ショパンのことです。

ショパンも決して忘れられたわけではないのですが―五年ごとに開催される有名な国際ピアノ・コンクールも続いています―、世界共同体の創設によりエスペラントが世界公用語の地位を獲得したことで、ザメンホフがショパンを押しのけてしまったようであります。

また、古い学術都市クラクフにはザメンホフ・エスペラント記念館が所在しており、見学してまいりました。そこはザメンホフの生涯を記録する史料や、エスペラント普及の歴史などをたどれる史料のほか、エスペラント文献を誰でも閲覧できる文書館を兼ねた博物館です。しかも、公認エスペランティスト向けの宿泊施設付きです。

公認エスペランティストとは、世界共同体が認定するエスペラント専門家としての公式資格です。私はその一歩手前の暫定公認資格を有しているため、その資格で宿泊が認められました。決して豪華ではありませんが、古都らしい落ち着いた環境でした。

そのついでに言葉の細かい話になりますが、ポランドの正式名称は「ポーラ領域圏」です。ポーラはエスペラント語でポランドの形容詞形であり、「ポランド領域圏」は本来不正確なのですが、日本語に取り込んだ外来語としてわかりやすくするため、このように表記しています。こうした表記法は、当ブログで取り上げる他の領域圏についても適用します。

さて、ポランドの歴史と言えば、アウシュヴィッツ―ポーラ語ではオシフィエンチム―も忘れられません。ザメンホフはポランド出身とはいえ、ユダヤ系でした。彼が1930年代まで生きていたら、エスペラントを敵視したナチスの手でアウシュヴィッツ送りになっていた可能性もあります。果たして、彼の子どもたちは皆ホロコーストで命を落としているのです。

とはいえ、ホロコーストからすでに300年近く。歴史的記憶の限界も感じつつ、ワルシャワから鉄道で行ってみました。すると、相変わらず絶滅収容所跡は博物館として保存されていて、大勢の見学客がありました。大虐殺は消し去りたい悪と残虐の歴史ですが、まだしっかり記憶されていることに安心しました。

そもそも23世紀の世界秩序である世界共同体はアウシュヴィッツを生んだ世界大戦のような惨事、その反省も虚しく核戦争危機を惹起した冷戦や仁義なきテロ戦争を繰り返さないために設立された平和機構でもありますから、ナチスの記憶も忘れられないのです。
[PR]