カテゴリ:情報( 9 )

2216年3月26日

23世紀はもはや単なる「情報化社会」ではなく、「高度情報技術社会」あるいは「情報基盤社会」と呼ばれており、情報技術は社会の支柱です。結果、情報技術者はある意味では医療者以上に枢要な専門家となっています。

かつては業界資格的なものでしかなかった情報技術資格が、前回ご報告した医師と同様、今日では世界的に統一化された民際公的資格となっているのです。日本語では正式に「公認情報技士」と呼ばれています。

この資格はそれを取得していれば就職や昇進等で優遇されるといった業界資格とは異なり、それを取得していなければ法律所定の行為―情報専門技術処理と呼びます―を行なうことが違法となる公的資格なのです。

公認情報技士は、基礎医師免許と専門医資格が分かれている医師とは異なり、最初から各分野ごとに分化した専門資格となっています。それはまず、大きく情報処理を専門とする第一種と情報機器の機械的な構造を専門とする第二種に分かれます。

第一種はさらにプログラミング専門の第一種A類と、セキュリティー専門の第一種B類に分かれています。前者はいわゆるプラグラマーですが、後者は英語でセキュリティー・ディフェンダーと呼ばれる専門職です。

第二種は簡単に言えば情報機器の修理の専門家ですが、自ら修理するのではなく、機器の不具合の原因の特定と修理工程の指示書を発する仕事で、言わばコンピュータの医師のようなものと言えばよいでしょう。

第一種と第二種の間に上下・優劣の差はなく、対等な資格です。ちなみに、23世紀のコンピュータはすべて人工知能型ですから、コンピュータと人工知能は同義であり、いずれの公認情報技士となるにも、人工知能に関する知識は不可欠となっています。

公認情報技士試験は世界教育科学文化機関が所管し、医師免許試験と同様に、全世界一斉にエスペラント語で記述された試験問題によって実施されます。合格者は同機関及び各領域圏の公認情報技士団体の両方に登録されます。

これら公認情報技士たちは企業・団体等に雇用されるよりも、情報技術開発者や情報技術顧問として独立的に活動することが多いようです。もちろん23世紀流無償労働ですから、成功しても富豪になれるわけではありませんが。
[PR]
by komunisto | 2016-03-26 10:04 | 情報
2215年4月13日

23世紀的システムの中でちょっと変わっているのは、電話のシステムです。現在でも、電話には固定型と移動型(いわゆる携帯)があることは変わらないのですが、固定電話と携帯電話の機能分化がより明確にされているのです。

固定電話は、家庭用としては公共機関等への事務連絡用途に限られています。例えば、警察・消防・救急への緊急連絡や災害伝言、その他の事務的な連絡用です。そういうものとして、固定電話は各世帯に必ず一台給付されます。また各種事業所には業務用固定電話が設置されていることも変わりありません。

こうした固定電話は日常の個人連絡用には使えない仕様に作られており、個人的な連絡用としては携帯電話に一本化されています。興味深いのは、行政手続き専用の携帯電話も18歳以上の市民には必ず一台ずつ給付されることです。

このようにして、23世紀の電話は固定、携帯ともに自動的に給付されるシステムとなっており、これらの給付される電話を総称して「給付電話」(給電)と呼びます。給電は正当な理由がない限り電話番号の変更ができません。

こうした給電だけでも十分生活は可能ですが、給電は番号変更の自由が制限され、機能も限られているため、多くの人は自分専用の携帯電話をもう一台所有し、ネット接続などはこちらでするという人が多いようです。

こうした自由所有の携帯電話は高機能化されており、携帯電話というより、携帯パソコンに近いので、テレコン(テレコンプティーロ:エスペラント語)と通称されています。

ちなみに、たびたびご報告しているとおり、貨幣経済が廃され、すべてが無償供給される23世紀社会では、電話料金もかからず、完全無料です。ただし、調子に乗って過度にかけ放題をすると、前触れなく通信遮断措置をかけられます。

また電信電話サービスは固定型も移動型もすべて日本電信電話機構という公企業が一括して担っているため、あまたある携帯電話会社のリストからどこにしようかと選択に迷うこともありません。無償なら独占企業体で十分なのです。
[PR]
by komunisto | 2015-04-13 10:21 | 情報
2214年12月28日

21世紀の読者より、23世紀の共産主義的なインターネットの仕組みはどうなっているのかという質問が届いています。そこで、本年最後の記事はこれをテーマとします。

まず、インターネット接続に際して不可欠なプロバイダーは、21世紀の国に相当する各領域圏ごとに設立された公営の接続業者が一括して全サービスを提供する仕組みです。

つまり資本主義時代のように、営利系の業者が林立し、価格を比較して選ぶということは必要ないのです。しかし、それでは選択の自由がなく、つまらないと言われるでしょうか。

これは23世紀のサービス全般に言えることですが、選択の自由より安定性や安全性、公平性が優先されるのが、23世紀の特徴なのです。23世紀人たちは、そのことに確信と誇りを持っているように見えます。

ネットの場合は、日本情報通信機構という事業体が唯一の接続業者ですから、ここに申し込む以外にないわけです。

申し込みと契約は簡単ですが、若干違うのは毎日の接続に際して実名認証が求められる点です。これは煩雑で、プライバシーへの制約に及びますが、安全性確保のためのやむを得ない手段と考えられています。

過去にネット上で不正行為をして摘発され、有罪となった人は一定期間ネット接続が禁止されるなどのペナルティーを受けるため、そうした認証システムがあるのです。

ちなみにセキュリティーに関しては、営利系のセキュリティーベンダーが競争的にソフトを開発・提供するのではなく、世界情報安全機関という民際機関が開発したソフトが(もちろん無償で)提供されるのです。

とはいえ、貨幣経済の廃止はネット上での金銭目的の不正行為を根絶したため、ネットの安全性は21世紀に比べれば格段に確保されており、そう深刻ではないのですが。
[PR]
by komunisto | 2014-12-28 16:29 | 情報
2214年8月22日

今、23世紀からこの通信をLinuxで行っています。といっても、私がLinux好みでそうしているのではなく、23世紀に使用可能なOSはLinuxしかないからそうしているのです。すなわち、23世紀のOSはLinuxの独占状態なのです。 

このような独占状態は、共産主義的「競争」の中で、21世紀にはむしろ主流だったWindowsやMacintoshといった強豪製品が淘汰されてしまった結果です。では、どうしてLinuxだけ生き残れたのでしょうか。

その秘密は、Linuxが資本主義の時代から、ボランティアによる研究開発と製品の無償供給・更新を原則とする方針を貫いていたからです。つまり、当初から共産主義的な方針による独異なOSだったのです。

それだけに、資本主義時代には商品生産される他のOSに比べ普及率では後塵を拝していたのですが、まさに共産主義の世界が到来すると、Linuxが俄然「競争力」を発揮し、共産化に適応し切れなかった他のOSを押しのけてしまったのでした。

しかし、このような極端な独占状態は脆弱性を悪用した集中攻撃を受けやすく、セキュリティー面での不安が増大しないかとの懸念があるかもしれませんが、特別の心配は無用のようです。

というのも、現在インターネット(エスペラント語でインテレート)は、かつてのような野放し状態ではなく、「世界インテレート機関」というグローバルな公的機関が直接に管理しており、セキュリティー対策も民間業者任せでなく、この機関が一括して実施しているからです。

それに加え、商業活動の廃止により、金銭目的での不正侵入行為などが根絶されたため、一部悪戯目的の愉快犯型の不正行為を除き、サイバー犯罪自体が激減しています。

また、無償供給ゆえにかつてはサポート情報も自力で検索する必要の高かった難点は、Linux一色となったことで専用サポート窓口(もちろん無料)が整備され、解決されています。

もっとも、個人的にはOSの世界でも多様化が進み、選択に困るほどに多種類のOSが開発される世界を夢見ているのですが、OSという複雑な製品の性質上、経済体制のいかんを問わず、この分野は独占化する傾向にあるようです。
[PR]
by komunisto | 2014-08-22 13:56 | 情報
2214年3月23日

23世紀、携帯電話は今や高性能化がさらに進み、一個の小型携帯コンピュータ(通称テレコン)として定着していますが、一方で21世紀には激減していた公衆電話が装いも新たに復活しているのです。

公衆電話ボックスは駅前のような集合場所だけでなく、道路沿いに一定間隔を置いて最低一箇所は設置されており、ここにも計画性の高い23世紀社会の工夫が見られます。

23世紀の公衆電話は高機能化が進んでいます。まずかつては携帯電話の通じにくい場所限定であった衛星電話が常識となっており、すべての機種で海外通話が可能です。機種によっては相手方との対面通話もできます。

また電話ボックス内に携帯電話用の充電装置も備わっているため、充電目的で利用することもできるなど、携帯向けサービスにも対応しており、携帯と接続した対面通話も可能なようです。

細かい話ですが、かつて公衆電話の常備品であった電話帳という冊子はなく、電話番号は備え付けの検索機で検索できますし、災害時に限らず、常時伝言サービスにも対応しています。さらに防音装置も完備していて、隣のボックスの通話が筒抜けというようなこともありません。

公衆電話は携帯電話が操作しづらい障碍者にとっては必需的なのですが、23世紀の公衆電話は番号の音声・ジェスチャー入力も可能な装置が備わるなど、バリアフリー対応も充実しています。

こうして23世紀の公衆電話ボックスはちょっとしたパーソナル通信室のようなもののようです。新しい酒は古い皮袋に入れるなと言われますが、電話ボックスに関する限り、この格言はあてはまらないようです。
[PR]
by komunisto | 2014-03-23 14:51 | 情報
2213年11月13日

未来社会のイメージとして、コンピュータが全社会に行き渡り、オンライン化が高度に進行した高度コンピュータ社会というものがあると思います。実際、23世紀社会はそのような形容がぴったりあてはまります。

23世紀型コンピュータ―前にご報告したとおり、現在は舌がもつれそうなコンプティーロというエスペラント語由来の外来語で呼ばれます―の特徴は、小型化・省エネ化、音声入力/タッチパネル式ということに集約できそうです。

こうした技術的傾向はすでに21世紀の段階で現れており、さほど驚くべきことではないでしょうが、私のような旧世界人がやや戸惑うのは、デスクトップ型とノート型というお馴染みのパソコン分類がないことです。言わばすべてがノート型なのですが、それもまさにノート大に小型化し、かつ機能は旧デスクトップ級だといいます。

携帯電話の小型パソコン化という現象も21世紀に現れていましたが、今や携帯電話はパソコンそのものであって、「テレコン」(テレコンプティーロの略)と呼ばれます。前にご報告した全員に支給される行政手続き専用端末もその一つであり、警察・消防・救急への一発通報のような便利機能も備えています。

23世紀の社会では老若男女ともコンプティーロを自由自在に使いこなします。それもそのはず、今や高齢者でも生まれたときからコンプティーロ社会ですから、当然でしょう。そのためアナログ派の高齢者に配慮する必要がなく、ほとんどすべての業務がオンライン処理されるため、オフィス等の事務の現場で紙の書類やファイルはまず見かけません。

例えば、かつては書類の山となりがちだった病院では診察券という制度もありません。患者データベースで簡単に照合できるため、受付カウンターで患者番号を言うか、再診機に打ち込めば受付完了です。これは診察券紛失の常習犯だった私には大いに助かります。

また学校の教科書類も生徒・学生一人一人に支給されるやや大きめの教育専用端末にすべて集約されるため、紙書籍の教科書はもはや存在しません。よって、ランドセルも博物館でのみ見られる古い骨董品です。
[PR]
by komunisto | 2013-11-13 13:21 | 情報
2213年10月29日

以前、23世紀のTVの比重はメディアの中でインターネット、ラジオに次ぐ三番手だとご報告しましたが、現在TV受信機は全機種インターネット接続が可能ですから―言わばコンピュータTV―、正確にはTVはネットに吸収されたということになるでしょうか。

TVそのものに関して大きく変わったのはチャンネル数です。衛星放送が原則化し、かつ厳しかった電波規制も緩和された結果、TV局開設の自由が広がりました。こうした23世紀のTV局は専門化かつローカル化されており、ニュース、スポーツ、音楽、気象・防災、アニメなど様々な専門局が地方ごとに林立しているのです。

これらの局はすべて民営ですが、商業が廃された時代に商業放送というものは存在しないため、番組に資金を提供するスポンサー資本も存在しません。従って、これも以前ご報告したとおり、番組を中断するCMもないわけです。

番組内容にも変化があります。かつてはやや安易なほど増加していたバラエティー番組や娯楽情報番組はもはやありません。検閲されているわけではありませんが、自然に廃れたようです。代わって、かつては視聴率至上の商業主義的風潮の中で消滅しつつあった硬派報道番組や教養番組専門の局が意外に健闘しています。

こうして電波規制は緩和された一方で、省電のため日中や深夜帯は放送が禁止されるため、TVが全く映らない時間帯があります。こうした時間帯は復権したラジオが埋めているようです。

ところで、かつて公共放送と呼ばれたNHKは革命後、ニュース専門局、スポーツ専門局、教養専門局などに分割・民営化され、消滅しました。これらの局の前身を知る人はごく一部だけです。

現在公共放送と言えるのは、代議機関である中央・地方の各民衆会議が運営する「民衆会議テレビ」だけですが、これは民衆会議の活動に関わる番組のみの特殊な広報専門局です。

ちなみに、本記事ではわかりやすく「チャンネル」という英語由来の旧語を用いましたが、23世紀には「カナロ」というエスペラント語由来の外来語が使われます。なぜエスペラント語なのかということについては、次回ご報告することにしましょう。
[PR]
by komunisto | 2013-10-29 11:02 | 情報
2213年8月21日

前に、未来社会では犯罪報道が少ないと報告しました。その背景は複雑だと書きましたが、まずそもそも犯罪自体が少ないことから、報道が少ないのも当然です。

しかし、そもそも犯罪が少ないとその希少価値が高まり、犯罪はかえってセンセーショナルな報道対象とならないかという疑問が浮かびます。ですが、答えはノーです。

たまに犯罪報道があっても、極めて抑制されています。特にかつて商業メディアでは社会ニュースの定番だった殺人事件などは捜査中は全く報道がなく、起訴時もしくは有罪判決時にある程度です。それに対し公務員や専門家の汚職、不正事件は詳細報道がなされますが、起訴前はやはり抑制されています。

その理由の第一は無罪推定法理の徹底化です。無罪推定は近代法原理として21世紀にはすでに認められていたことですが、多分にタテマエと化しており、有罪断定的でさえある報道がそれを形骸化させていました。

もう一つの理由として、模倣犯の防止があります。報道で詳細な手口が報道されたりすることで、それを真似る模倣犯がしばしば現れることは、犯罪学的に確立された定見となっています。

こうした法律的及び犯罪学的な理由から、犯罪報道は抑制されているのですが、これは検閲ではなく、報道規範と呼ばれる報道界の自主規制ルールによっています。

報道規範は全報道機関で結成する報道倫理評議会が策定・所管し、その下に報道オンブズマン制度が置かれています。オンブズマンには不服審査機能もあり、報道に不服のある市民は誰でもオンブズマンに審査を請求し、訂正・謝罪等の措置を取ってもらうことができます。 

このように犯罪報道が少ない反面として、インターネットを通じた口コミはかなり盛んになってしまいます。こうした現象は高度ネット社会の欠点でもあるでしょう。

ただ、これに対しても報道界と同様に、インターネット・サービス機関で結成するインターネット倫理評議会とインターネット・オンブズマン制度があり、報道の場合と同様の対応が可能となっているのです。

犯罪報道に慣れ切っていたと同時に、気の滅入るような殺人、放火等々のニュースにうんざりもしていた「旧人類」としては、犯罪報道の少ない未来社会にはほっとする感じもしています。
[PR]
by komunisto | 2013-08-21 10:44 | 情報
2213年7月28日

未来社会のマスメディアはネットニュース、ラジオ、テレビの順で活用されています。ネットニュースが一番に来ることについては、インターネット花盛りの21世紀の皆さんにとってもすでに特段不思議はないと思います。

二番目にラジオという最も古典的な音声メディアが来るのは少し不思議かもしれませんが、未来社会ではレトロなラジオに再び人気が集まっています。とはいえ、これもネットを通じて聴くというパターンが主流で、昔懐かしいラジカセはすでに骨董品としてしか存在しません。

反面、テレビはやや下火です。テレビ局は衛星放送も含め健在ではありますが、省電のため日中と未明には放送が長時間休止するため、21世紀に比べ、番組の放映時間自体が短縮化されていることもあり、視聴時間は減少しています。特にニュースはネットの24時間動画ニュースに完敗しています。

ところで、マスメディアの元祖・新聞の名が挙がりませんでした。実は、新聞は最初に挙げたネットニュースにほぼ統合されており、紙媒体の新聞は今や地元のタウン紙や専門紙ぐらいに限られています。

これらメディアも、旧世界では商業的報道機関とNHKのような公共報道機関(国によっては国営報道機関)の二元制でしたが、今ではすべて「メディア法人」という公益事業体で運営されています。ここでも、メディアは公益事業です。

他方、前に述べた代議機関・民衆会議が直営メディアとして「民衆会議テレビ」を保有しており、中央・地方それぞれの民衆会議が審議中継や重要な法案・新規法律の解説番組を毎日放映しています。旧社会の制度に即して言えば、国会テレビとか地方議会テレビといったものですが、当時私の知る限りそのようなメディアは存在していませんでした。

ちなみに、未来社会のマスメディア上ではいわゆる犯罪報道がほとんど見られません。これはどうしたことか、検閲でもされているのかと当初思ったものですが、そうではありませんでした。この問題を巡ってはやや複雑な事情があるため、いずれ別途ご報告します。
[PR]
by komunisto | 2013-07-28 11:49 | 情報