<   2013年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2213年8月30日

23世紀未来社会の教育制度は基礎教育と生涯教育とに大別され、なかなか合理的によくできていると報告しました。特に生涯教育は成人後の多様な学びの目的に対応するすぐれた制度です。

その中心を担うのが、多目的大学校と呼ばれる教育機関です。これはその名のとおり、多目的な教育プログラムを提供する公立の教育機関で、その運営には地方圏=道が当たります。要するに道立大学校です。

大学校といっても旧社会の大学とは異なり、いわゆるエリート養成を目的とした高等教育機関ではなく、民衆教育機関です。階級のない未来世界にエリート教育の需要はありません。

多目的大学校のプログラムは教養科と実用科、それに補習科に分かれており、各自の目的に応じて三つのコースのいずれか、あるいはすべてを受講することもできます。入学試験に相当するものは一切なく、定員に空きがある限り、誰でもいつでも、どこの大学校にも入学可能です。

教養科は昔のカルチャーセンターに似ていますが、レベル的には旧大学の教養課程の水準かそれ以上を満たしています。実用科は実社会での就転職・昇進に役立つ実用的な科目を提供しており、溶接とか大工の講座まで用意されています。補習科は基礎教育の内容の復習を目的とするもので、基礎教育課程を休学等の事情から十分消化できなかった人向けの再履修課程と言えます。

私は旧社会から飛んできてそもそも未来社会の基礎教育を全く受けていない無学歴者ですから、補習科をすべて受講したいところですが、とりあえず旧社会で挫折した数学だけ受講しています。

数学といっても、旧社会の数学科目とは全然教育メソッドが異なっており、正式には「数的思考」と呼ばれ、計算よりも思考そのものに力点が置かれます。例えば微分積分のような高等数学でも、公式の暗記ではなく、微分積分という数的思考を言語的に表現することが学習のポイントです。従って、あえて数式を使わず、言葉で数式の意味を説明するといった一種の言語表現科目として扱われているのです。

このような教え方なら、退屈な「計算ドリル」からも解放され、数学の深遠さや体系的な美しさすら体験でき、数学嫌いをなくすことも可能でしょう。実際、数学嫌いだった私も、あのわけのわからない数式の意味はこういうことだったのか・・・と目を開かれる思いです。

ちなみに、多目的大学校は成人教育課程にふさわしく、通学と通信いずれでも受講できます。私は通信を選択していますが、通信といっても手紙通信ではなく、もちろんネット通信で、通学部の授業の動画配信も受けられます。

成績評価はなかなか厳しく、頻繁に小テストがあり、その成績と担当教員の課す課題、及び修了試験の総合成績で履修認定が出されます。かつての大学のように学生を甘やかすことは決してありません。
[PR]
by komunisto | 2013-08-30 10:37 | 教育
2213年8月27日

在宅介護をしていると、介護している家族の急な体調不良という事態に直面することがあります。そういうとき、旧社会では救急車に頼りがちでした。しかし重体でない場合の救急車利用は当然ながら歓迎されません。

その点、未来社会では、伝統的な救急車のほかに、随時巡回医療車という便利なサービスがあります。これは急病患者に対して、医師と看護師が巡回医療車で24時間365日いつでも随時往診するサービスで、救急車とは違い、病院へは搬送しません。ですから、重体ではないが、自力で救急病院へは行けないという場合に利用されます。

このサービスは地域圏医療本部という公的機関が提供しています。ここに地域圏とは市町村と前回報告した地方圏(道)の中間に位置する自治体で、公式には「郡」と呼ばれます。従って、例えば私の住所はN道K郡S市となります。

郡は主に郡立病院を含めた地域医療と学校教育を担う自治体です。ちなみに東京のような特別市も名称は市ですが、私が住むような一般市とは異なり、郡と同格の自治体です。

かつては消防に属した救急車のサービスも現在は随時巡回医療車と同様、地域圏医療本部に属しており、一体的なサービスとなっています。

従って、家族や自分自身が急病だが自力で救急病院へは行けないという場合、まず地域圏医療本部に連絡します。そうすると、最初に医師もしくは看護師が応対し、症状や既往を聞かれます。その結果、重体と判断されれば救急車が手配されますが、そうでない場合、随時巡回医療車が駆けつけます。特に治療を要しないと判断された場合は、家庭でできる処置や服薬などを指示され、翌日まで経過観察となることもあります。

こういうシステムは、旧社会のように消防が一括して救急まで対応するよりも、合理的で利用しやすいものだと思います。実際、旧社会で問題化していた「たらい回し」による患者の手遅れ死ははるか過去の悲劇となっています。
[PR]
by komunisto | 2013-08-27 14:05 | 衛生
2213年8月24日

未来社会へ飛んで来た当初、街で見かけたパトカーの表示が見慣れた「S県警」ではなく、「N道警」に変わっていることに気がつきました。「道」という自治体なら、昔は北海道しかなかったはずですが、S県は廃止されたのだろうか・・・。

調べてみると、警察が所属する広域自治体の制度と名称が大きく変更されていたのでした。つまり、21世紀初頭の47都道府県制は廃止され、今は12道制になっているのです。

「道」とは「地方圏」と呼ばれる広域自治体の名称で、現在は北海道・東北道・北関東道・中関東道・南関東道・北陸信越道・東海道・関西道・中国道・四国道・西海道・琉球自治道の12道に分かれています。

ちなみに東京は旧23区部(現在は12区)と旧市町村部が分離され、旧市町村部は南関東道に編入されています。旧区部は東京都市と呼ばれています。都市は市でありながら地方圏=道と同格な枢要都市を指しますが、大阪や名古屋など複数あり、東京都市はその一つにすぎない位置づけです。

国家という政治単位が廃止されたことで、中央集権制はすでに克服されており、いゆわる首都という中央集権を象徴する中心都市も存在しないのです。

ただ、国会に相当する中央民衆会議は真ん中の名古屋都市に所在するので、強いて言えば名古屋が現在の「首都」ですが、そうは呼ばれず、「政治都市」と通称されています。一方、現在の東京都市は政治経済都市から各種学術研究機関やシンクタンクが集まる学術都市へと変貌しています。

実は21世紀前半の地方制度改革で、日本はいわゆる「道州制」に移行していたのですが、これは国の一部権限を言わば払い下げしてもらう形で立ち現れた地方集権体であって、それは市町村自治を脅かす存在でもありました。

23世紀現在の道は主に警察・司法を中心とした秩序行政を担う自治体で、警察・裁判所のほか、常設の災害救難隊も保有しています。道にも固有の代議機関として民衆会議が置かれていますが、道の権限は限定されており、地方自治の中心は市町村にあります。この点でかつての「道州制」とは本質的に異なるものと言ってよいでしょう。

例外として、旧沖縄県に相当する琉球自治道は独自の道憲法を持ち、法体系も本土とは別立てで、他の一般道より高度の自治が認められる特別の地位を与えられています。沖縄は古くは日本とは別の王国であった歴史に鑑み、こうした地位が保障されているわけです。
[PR]
by komunisto | 2013-08-24 09:56 | 政治
2213年8月21日

前に、未来社会では犯罪報道が少ないと報告しました。その背景は複雑だと書きましたが、まずそもそも犯罪自体が少ないことから、報道が少ないのも当然です。

しかし、そもそも犯罪が少ないとその希少価値が高まり、犯罪はかえってセンセーショナルな報道対象とならないかという疑問が浮かびます。ですが、答えはノーです。

たまに犯罪報道があっても、極めて抑制されています。特にかつて商業メディアでは社会ニュースの定番だった殺人事件などは捜査中は全く報道がなく、起訴時もしくは有罪判決時にある程度です。それに対し公務員や専門家の汚職、不正事件は詳細報道がなされますが、起訴前はやはり抑制されています。

その理由の第一は無罪推定法理の徹底化です。無罪推定は近代法原理として21世紀にはすでに認められていたことですが、多分にタテマエと化しており、有罪断定的でさえある報道がそれを形骸化させていました。

もう一つの理由として、模倣犯の防止があります。報道で詳細な手口が報道されたりすることで、それを真似る模倣犯がしばしば現れることは、犯罪学的に確立された定見となっています。

こうした法律的及び犯罪学的な理由から、犯罪報道は抑制されているのですが、これは検閲ではなく、報道規範と呼ばれる報道界の自主規制ルールによっています。

報道規範は全報道機関で結成する報道倫理評議会が策定・所管し、その下に報道オンブズマン制度が置かれています。オンブズマンには不服審査機能もあり、報道に不服のある市民は誰でもオンブズマンに審査を請求し、訂正・謝罪等の措置を取ってもらうことができます。 

このように犯罪報道が少ない反面として、インターネットを通じた口コミはかなり盛んになってしまいます。こうした現象は高度ネット社会の欠点でもあるでしょう。

ただ、これに対しても報道界と同様に、インターネット・サービス機関で結成するインターネット倫理評議会とインターネット・オンブズマン制度があり、報道の場合と同様の対応が可能となっているのです。

犯罪報道に慣れ切っていたと同時に、気の滅入るような殺人、放火等々のニュースにうんざりもしていた「旧人類」としては、犯罪報道の少ない未来社会にはほっとする感じもしています。
[PR]
by komunisto | 2013-08-21 10:44 | 情報
2213年8月18日

かつて未来社会というと、ロボットが各方面で活躍するロボット化社会というイメージがありました。SF小説・映画ではロボットは定番的登場「人物」でした。23世紀の社会はどうでしょうか。

この点、意外なことに、ロボットの活躍場面は案外限られています。かつて喧伝された家事ロボットも実用化されていますが、一般家庭に広く普及してはいないようです。

これに対し、工場のロボット化はいっそう進んでおり、量産体制を取る工場では人力はロボットのシステム管理者だけという状況です。ただ未来社会は大量生産体制ではなく、基本的に多品種適量生産体制なので、手工業的生産様式が復権しており、ロボット化工場は限られています。

現在ロボットが最も活躍中なのは、保安・警察といったセキュリティーの分野です。民間保安では、前にご報告したように、スーパーやコンビニに当たる物品供給所での盗難防止ロボットが普及しています。その他、かつて人間が務めていた守衛やガードマンも今や保安ロボットに置き換わっています。

また公式の警察でも、警察犬に代わって禁制品探索ロボットなどの捜索ロボットが活躍中です。これは一つには、旧社会に比べ動物の権利保護が格段に進んだことで、犬を含む動物の使役に厳しい法的制約が課せられていることも影響しているようです。

さらに警備警察でも、イベント等の警備には人間の警察官とともに、警備ロボットも出動します。これなどはまさにロボコップです。もっとも、映画のロボコップのように死んだ人間の細胞で作られたサイボーグではなく、正真正銘のロボットですが。

こうして23世紀の社会はロボット化社会と言ってもよいのですが、それは私ども「旧人類」が夢想したようにロボットがすべてをやってくれる社会ではなく、人力の補完・効率化のためのロボット化社会だと言えるでしょう。
[PR]
by komunisto | 2013-08-18 10:04 | 社会
2213年8月15日

日本では、今日は「終戦の日」のはずです。「はず」というのは、23世紀の現在、もはやこの日が「終戦の日」として意識されることはほとんどないからです。歴史健忘症?と思われるかもしれません。

しかし、終戦の1945年からすでに268年。これだけの年月が経つと、大きな出来事もさすがに歴史書の中の存在と化します。今や第二次世界大戦は「近世史」の出来事として扱われています。

実際、23世紀人にとっては「世界大戦」ということ自体、想像を超えています。今、世界には軍隊がありません。もう少し正確に言うと、国家ごとの国民武力としての国軍組織が存在しません。現在、かつての国家に当たるのは領域圏と呼ばれる政治単位ですが、すべての領域圏は軍隊の保有を禁止されているのです。

これはおよそ100年前の世界連続革命後に設立された世界共同体の憲章において、世界の法として定められていることです。カントが理想とした常備軍廃止による恒久平和がようやく実現されたのです。ただし、二つの留保が必要です。

一つは全領域圏で構成する世界共同体が保持する警察軍の存在です。この警察軍とは名称のとおり治安警備が任務ですが、通常の警察よりも重武装であることが特徴です。これは今でも局地的には発生し得る武力紛争の解決のために常備されている武装組織ですが、紛争自体が少ないため、要員数は10万人ほどで、出動はまれです。

もう一つはやはり世界共同体が保持する航空宇宙警戒軍の存在です。これは警察軍よりは通常の軍―特に空軍―に近い武装組織です。要員数も80万人と多く、世界各領域圏から要員が選抜されています。この組織の任務は宇宙空間からの落下物の破砕や、他の惑星からの攻撃への備えです。後者については説明を要するでしょう。

現在でも、他の惑星に知的生物が生存することの確証は得られていませんが、宇宙観測の進歩により、他の惑星に知的生物が生存する可能性について、世界の科学者たちの見解はかなりポジティブになっています。そのため、万が一他の惑星から地球が攻撃を受けた場合に備えて、こうした一種の防空部隊を常備しているのです。

このように恒久平和の理想は実現されているのですが、同時に現実的な事態に想定した備えも怠らないわけです。これもまた、未来世界では理想と現実が統一されていることの端的な現れだと言えるでしょう。
[PR]
by komunisto | 2013-08-15 11:54 | 政治
2213年8月12日

電子書籍はすでに21世紀初頭から普及し始めていましたから、21世紀人にとっても電子書籍自体は何ら珍しいものではないと思いますが、23世紀の今、電子書籍は完全に定着しています。言い換えると、紙書籍はほぼ廃れました。

このような方向性はすでに21世紀から予見されていて、紙書籍にこだわりを持つ人たちからは懸念されていました。そうした懸念が200年後には現実のものとなったわけです。

今、出版と言えば従って、電子出版を意味します。しかも、貨幣交換の廃止は当然にも商業出版をも消滅させましたから、23世紀の電子出版とは電子書籍の発表・展示を意味します。

そうした電子出版をコーディネートするのはいわゆる出版社ではなく、電子出版サービス事業所です。これには旧大手商業出版社の流れを汲む大手と中小・零細の事業所とがありますが、いずれも無償で電子書籍化をコーディネートしています。

電子書籍はこうした事業所を通さず自作でも公刊でき、電子書籍公刊者は誰でもウニヴェルサーラ・ビブリオテーコ(UB)という世界規模の電子書籍保存サイトに登録できます。UBに登録されると原則50年間保存されますが、すぐれた作品は審査により永久保存されます。

文学賞もありますが、23世紀の文学賞はやはり電子媒体に発表された文学作品に与えられる賞です、ちなみにかつて日本の二大文学賞とみなされていた芥川賞と直木賞はまだ続いていますが、現在ではかなりマイナーな賞となっており、日本デジタル文学大賞という賞のほうがプレスティージは圧倒的です。

では紙書籍は全く存在しないかと言うとそうでもなく、例えば作家が個人的に自作を贈呈する場合や文学賞受賞作品が記念として紙書籍に製本されて受賞者本人に贈呈されるといった形で、贈答・記念品としては生き残っています。

こうした電子書籍全盛時代は、紙書籍に慣れた20世紀生まれの「旧人類」たる私のような者にとっては味気なさもいくらかは感じるところですが、かつてパピルスが紙に変わったのと同様、紙が電子に変わったのも時代の流れでしょう。
[PR]
by komunisto | 2013-08-12 11:01 | 文化
2213年8月9日

23世紀の未来世界では平均寿命が飛躍的に延びていると報告しました。となると、人口/食糧問題が飛んでもないことになっていないかという疑問が浮かぶかもしれません。

2213年の地球人口は80億人余りです。これは200年前の21世紀初頭より10億人多い程度です。しかし、この200年間、人口/食糧問題では曲折がありました。

20世紀以降の人口爆発現象により、22世紀初頭には地球人口はいったん100億人を突破していました。その頃には食糧危機が地球全域に拡大し、先進国でも餓死者が続出。そうした食糧問題の深刻化が21世紀末から22世紀初頭にかけての世界連続革命の重要な契機ともなったのです。

革命後、人口爆発に歯止めがかかったのは、共産主義の功績です。爆発震源地の「南」では多子の要因でもあった貧困問題が解決し、貧困ゆえに人々の精神的な拠り所ともなっていた宗教の役割が減少し、結果としてバースコントロールを妨げる宗教上の禁忌も緩和・解消されたのです。

一方、対照的に革命前は少子高齢化に悩んでいた「北」では少子化に歯止めがかかりました。ここでは労働時間の長さと硬直さが少子化の重要な要因となっていたのですが、4労働時間制の導入により子どもを持つ女性が働きやすくなり、父親の子育て参加も常識となりました。

ちなみに21世紀初頭には1点台初めまで落ち込み、世界有数の少子化社会となっていた日本の合計特殊出生率も今や、2点台前半まで伸びています。

こうして、23世紀には世界レベルでのバースコントロールが機能しており、地球人口が程よくバランスされるようになりました。「多子高齢」でも「少子高齢」でもない、言わば「中子高齢」が実現していると言えます。

それでも80億人は決して少ない数字とは言えませんが、80億人口を支える食糧は世界食糧農業機関による計画的な農政と食糧分配が機能していることから、十分まかなえています。遺伝子組み換えによらない人工栽培技術の発達も強みです。 

ちなみに200年前、食糧問題解決の苦肉の策として提案されていた「昆虫食」にまで手を出す必要性は全く生じていません。もっとも郷土食としてのセミの揚げものやハチの幼虫の佃煮などは人気食品ですが。
[PR]
by komunisto | 2013-08-09 10:26 | 社会
2213年8月6日

23世紀の日本人の平均寿命は100歳台とご報告しました。人生75年を理想としていた私にとって、25年も余分に生きる可能性のある未来世界にはいささか当惑を覚えます。あと60年近くをどう生くべきか━。

貨幣経済の廃止によって、生活の不安からは解放されている未来人の人生には、山も谷もありません。旧世界での山あり谷ありの人生はほとんどの場合、貨幣収入の増減によって起きていました。それは大変ではあった反面、それなりにスリルのある人生でもあったでしょう。

山も谷もない平板な人生100年はかえって苦痛のようでもあります。ただ人生が長い分、モラトリアム期間も長く、30歳ぐらいまでは人生の模索期です。それから就職するとしても、生涯教育の充実により途中で進路変更することはいつでも可能なので、最初の職選びに神経を使う必要もありません。

ちなみに結婚については大きな制度的変革があり、現在、結婚は公証(登録)パートナーシップ制という新しい制度に置き換わっています。

これは簡単に言えば、昔の「内縁関係」がそのまま公式制度に進化したものです。要するに、一緒に暮らしたい二人―同性同士も可―は市町村に公正証書を提出し、パートナーとして登録されればそれで完了です。

こういう制度なら結婚ほど一大事にはならないので、パートナーシップが人生の節目という意識も未来人にはほとんどないようで、それは個人のライフスタイルの問題でしかないとみなされています。従って、「適齢期」などという言葉も死語と化しています。

一方、定年制度もないため、働きたい人は理論上は100歳でも働けますし、反対に40歳でリタイアしてもよいのです。ただ、実際上は70歳ぐらいでリタイアするのが慣習のようです。

70歳でリタイアしたとしても、平均してまだ30年余りも生きる必要がありますから、この長い老後をどう過ごすかが問題です。その点、前回も述べたように、未来人は「健康長寿」のため、ボランティアや趣味の活動に打ち込む老人が多く見られます。

ちなみにブロガーという「職」は完全自由業ですから、頭と手が働く限り生涯続けることになるでしょう。ただ、それだけでは物足りないので、もう少し積極的に社会に関わってみようと、代議員免許の取得に向けて勉強でもしようかと思案しているところです。
[PR]
by komunisto | 2013-08-06 13:33 | 人生
2213年8月3日

私が旧世界に生きていた21世紀初頭頃、先進諸国の平均寿命は年々上昇し、特に日本は世界一の長寿国となっていましたが、反面として介護の問題が社会全体にのしかかっていました。

私は個人的に当時から、ヒトの平均寿命は75歳前後が適正ではないかと考えていたのですが、23世紀の今、世界的に平均寿命が飛躍しており、日本では男女とも平均寿命は100歳台です。私の目論みは外れ、世界は長寿化しているのです。

その原因として、アフリカに代表されるようなかつての短命地域では食糧生産や保健衛生の向上が進む一方で、日本のようなところでは「飽食」が是正されたことで、かえって長寿化がいっそう進んでいるというのです。

資本主義的な「飽食」は一定の長寿を実現する一方で、糖尿病のような成人病の増加により平均寿命の延びを抑制している面もあったことが明らかとなっています。

これに対して、共産主義は必要なものを必要なだけ生産するシステムであるため、全体として相対的な少量生産になりがちです。それは食品にもあてはまりますから、共産主義の未来社会に「飽食」はあり得ません。

また前に指摘した「最小限医療社会」ということも影響しているでしょう。医療に関する考え方が変わり、むやみに病院を受診しないことが常識となっています。このことがかえっていわゆる「医原病」のような事態を防止していると考えられるのです。

私が平均寿命75歳を適正と考えた理由は介護問題にあったのですが、これも不思議なことに未来社会に要介護老人は少なく、かつて理想とされた健康長寿が実現しています。万が一要介護になっても、比較的ゆとりをもって介護システムが機能しているため、介護に不安を持つ必要はないわけです。

要介護者の減少に関しても、やはり「飽食」の是正に加え、病院のような治療機関よりも保健所のような予防機関が活用されていることが大いに影響しているものと考えられます。
[PR]
by komunisto | 2013-08-03 10:29 | 死生