<   2015年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2215年12月27日

23世紀の社会の様子として特徴的なことは、BGMが聞こえてこないことです。BGMが空気のように当たり前だった旧人にとっては信じ難いことですが、BGMを規制する法律があるのです。これは、不特定多数の人が一定時間以上とどまる公共的な場所での音楽の強制聴取を禁じる法です。

中心的な規制エリアは、音楽の聴取を目的としない不特定多数人の集まる公共施設、公共交通機関などです。病院や学校はもちろんですが、かつてのスーパーに相当する物品供給所とか、食堂まで含まれます。周辺的な規制エリアとしては、住宅街やその隣接区域があります。

ただし、違反すれば即罰則という取締り法規ではなく、市民の申し立てにより差止めができるという緩やかなルールですから、差止めの申し立てがない限りはBGMを流しても処罰はされないのですが、多くの該当エリアでは念のため、このルールを遵守しているようです。結果として、非常に静謐な環境が保たれています。

それにしても、なぜこんなルールがあるのかと言えば、一定の場所に一定時間以上とどまる人に、意図しない音楽を強制聴取させることは人権の侵害に当たるといういわゆる「囚われの聴衆」の理論に基づいています。

逆言すれば、どんな音楽を聴取するかは、各人が自由に選択すべきだというのです。個人の尊重がそこまで徹底されているとも言えます。思い返せば、たしかにBGMが空気のようだった革命前、BGMが騒音と感じられることもありましたが、差止めを求めても応じてはくれないこともわかっていたので、我慢していた記憶があります。

とはいえ、音楽が聞こえてこない生活を23世紀人はどう考えているのか。これについては、以前のたよりでもご報告したように、23世紀人は音楽より美術を選好するようで、音楽の代わりに美術が溢れています。

ただ、揚げ足を取れば、これだって見たくないものを見せられる「囚われの視衆」(?)ではないかとも思えるのですが、見たくない美術の規制については、ポルノや過度の暴力描写に該当するものに限られています。

実は、今回取り上げたBGM規制も、ポルノや暴力描写などの規制ともども個人の感受性の尊重と法的保護を趣旨とする「感性保護法」という一本の法律にまとめられている同根の規定なのです。つまり、「人は聴きたくないものを聴かず、見たくないものを見ない権利がある」というわけです。
[PR]
by komunisto | 2015-12-27 09:53 | 法律
2215年12月21日

23世紀にやってきてしばらくして気がついたことの一つは、一般市民の教養の高さです。失礼ながら、一般市民ってこんなに知的だったっけ?と思うほどです。200年前にはそれほどでもなかったはずですが、この違いは何なのか考えてみました。

以前のたよりでも報告したように、23世紀には大学という制度、それを頂点とするふるい落としの教育システムがありません。すべての人は旧義務教育に相当する課程を終えると、いったんは就労するのが普通です。

ある意味では、総労働者社会です。しかし、労働者=無教養ではないのです。以前ご報告した多目的大学校のような生涯教育のシステムが整備されており、社会に出た後、いつでもどこでも学ぶことができます。

旧大学制度は、「学位」に基づく知識階級制を作り出し、「学位」を持たない大衆の無教養のみならず、「学位」を持つ各種専門人の無教養―いわゆる“専門バカ”―をも結果していたのだと気づかされました。

こうした生涯教育制度に加えて、代議員免許試験も一般市民の教養向上に一役買っていると思われます。以前ご報告したように、代議員免許試験は社会科学全般にわたる幅広い素養を問う試験ですが、多くの人がこれを受験することで、市民の教養の向上に寄与しているのです。

代議員免許試験は、同時に市民の政治的・社会的関心の高さにも寄与しています。そのことを象徴する社会現象として、これも以前の記事でご報告した討論喫茶のようなものもあります。そのほか、ネット上でも市民同士の高度な意見交換がなされています。

23世紀的教養はもはや知識人層の専売ではなくなっているのです。そもそも「知識人」とか「有識者」といった言葉自体がほぼ死語と化していて、目にすることも耳にすることもまずありません。それだけ知が普遍化されているということでしょう。
[PR]
by komunisto | 2015-12-21 16:38 | 文化
2215年12月15日

23世紀には様々な分野で職人的な生産様式が復活していることは、これまでにもいくつかの記事でご報告してきましたが、今回は職人の養成についてです。

23世紀の職人は「徒弟的資格制」と呼ばれる仕組みで養成されています。すなわち、23世紀の各種職人も20世紀以降に確立された近代的な資格制度によって最終的な資格認証がなされるのですが、単に形式的な資格だけに依存するのではなく、養成の過程では近代以前の徒弟制的な仕組みが復活しているのです。

例えば、前回ご紹介した「整容師」のような職人は、所定の専門学校を修了した後、まず業界から師範認定された職人が経営する修練施設で5年以上徒弟として訓練を受け、最終的な技能試験に合格しなければ、職人として業務に従事することができないとされています。

さらに、その業務に切れ目なく継続して10年以上従事し、業界が認定する研修を受けて初めて師範資格が得られ、徒弟を持つことができるようになります。

他の職人的な業種も同様のプロセスによって養成されるため、「徒弟的資格制」と総称されます。この制度は、実質的な技能の習得には効果的だった封建的な徒弟制と、公的な資格認定によってその技能を客観的に証明できる近代的な資格制度とを融合したものと言えるでしょう。

それによって、徒弟制が持つ身分制的な隷属的要素を除去しつつ、資格制が陥りがちなペーパー資格化、気概を欠いた「精神なき専門人」の弊害を克服することに目的があると考えられています。

この厳正な養成制度のおかげで、たしかに23世紀の各種職人は社会的な信頼性が高く、また職人は社会的に敬意を持たれる人気職種ともなっているのです。
[PR]
by komunisto | 2015-12-15 09:03 | 社会
2215年12月9日

整髪は、いつの時代でも暮らしに欠かせません。21世紀まで筆者は理容室を利用していましたが、23世紀には理容室というものがありません。整髪業はすべて整容室と呼ばれる一種のエステサロンに一本化されているからです。

整容室とは、旧理容室・美容室を併せたようなものと考えれば間違いないのですが、散髪、整髪に限らず、顔面のお手入れまで、要するに首から上の整容全般をやるので、整容室と呼ばれているようです。そこにいるのは、整容師と呼ばれる専門職です。

整容師も旧理容師・美容師を一人で兼ねたようなものですが、ヘアカット、ヘアスタイルに限らず、エステの技術も習得した職人で、かなり厳しい修練を要する公的資格となっています。

こういうわけで、昔のように男性→理容室、女性→美容室というふり分けはもはやなく、男女とも整容室を利用しています。もっとも、21世紀には男性も美容室に行くことが多くなっていたので、その延長上にこうした一本化があるのでしょう。

一方、旧理容室に似たものとして、頭髪院という施設があります。頭髪院とは、頭髪の衛生を専門とする施設で、主に脱毛治療や頭皮ケアを行なっています。担当しているのは、頭髪衛生士という専門職です。

頭髪衛生士は整容師とは異なり、あくまでも衛生的な観点から頭髪の問題を扱う専門職です。ただし、医師ではないので、薬物投与などの医療行為はできず、頭髪・頭皮の非医療的なケアをするのです。従って、医療を要する重症の脱毛症や頭皮疾患の場合は、医療機関にかかる必要があります。

ちなみに、西洋の理容師の起源は医師だったと聞きますが、現在の頭髪衛生士は医師ではないものの、衛生職なので、起源に一部立ち戻ったような感じでしょうか。

以上、大まかにまとめると、正常な髪のセットは整容室へ、頭髪・頭皮のトラブルは頭髪院へ、というのが23世紀流です。理容室と美容室のふるい分けが今ひとつわかりにくかった時代と比べると、すっきり合理化されていますね。
[PR]
by komunisto | 2015-12-09 09:36 | 生活
2215年12月3日

占いにご興味はお持ちでしょうか。もしそうだとしたら、23世紀はいささか味気ないかもしれません。というのも、23世紀現在、占いは完全に廃れ、過去の大衆文化として歴史学的な考察対象と化しているからです。

思えば、「科学の時代」と言われた21世紀になっても、科学の対極にある占いが人気だったのは、人々の生活不安の投影だったのでした。革命前の貨幣経済社会は、将来への不安が支配していましたから、多くの人が科学では予測できない自分の運命を知りたがったのです。

これに対し、貨幣経済から解放された23世紀の世界は、もはや生活不安とは無縁です。少なくとも、カネにまつわる山あり谷ありの人生というものは想定されません。とは言っても、自分の人生を予測したいという欲求が23世紀人に全くないわけではないようです。

現在、占いのあった場所を埋めているものがあるとすれば、それは「人生予測ソフト」です。これは、各自の年齢、性格や趣味・特技、経歴や現在の生活状況、家族構成や家族・親族の地位といった詳細な要素情報を入力することで、今後の人生を予測するソフトです。

21世紀にも「ライフプランソフト」なるものがすでに開発されていたらしいのですが、これは家計予測を中心としたまさに貨幣経済社会の経済計算ソフトの一種です。「人生予測ソフト」は経済計算ではなく、社会学的な変数を使用した人生そのもののシュミレーションソフトなのです。

このソフトは誰でも無償で入手してすぐに実行できるのですが、万一望ましくない結果が出たらショックですね。その場合、自分の意思で変更可能な要素情報を置き換えて再度実行すると、今度は望ましい結果が出ることもあります。それによって、どこを軌道修正すれば、良い人生行路が描けるかを把握することができるわけです。

早速私もソフトを入手して実行してみたところ、生涯無名の草ブロガーで終わるという結果が出ました。ショックかと言うと逆に安心しました。有名人には有名ゆえの様々な労苦が付いて回ることを知っていますので。
[PR]
by komunisto | 2015-12-03 10:39 | 人生