<   2016年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2216年11月30日

今回は司法大革命の続篇です。前篇では裁判制度が廃止されたことをご報告しましたが、そうなると、訴訟を仕事にしていた専門家たち、中でも弁護士さん方は全員失業したのかということが疑問となるでしょう。

けれども、そうではありません。私の不勉強により弁護士という職種はもう随分前から「法務士」という職種に変更されていたことが最近わかりました。法務士とは、そちら21世紀で言えば弁護士に司法書士、行政書士といった法務専門職すべてを統合したような専門資格と言えば、誤りでないでしょう。

法務士は、裁判では代理人や弁護人として依頼者を代理・代弁してきたわけですが、裁判制度の廃止に伴い、そうした訴訟業務は消滅しました。しかし、23世紀の平和的な共産主義社会にあっても法的紛争や犯罪がゼロになったわけではなく―激減はしましたが―、衡平委員や真実委員会による吟味はあるわけで、そうした場合に当事者を代弁する代言人という業務は継続されるのです。

「代言人」という用語は、19世紀明治時代の弁護士の旧称だったと記憶しますが、23世紀になって復活したのは興味深いことです。ただし、23世紀の代言人は職名ではなく、法務士が依頼者のために公的な場で法的に代理・代弁する業務資格であって、職名はあくまでも「法務士」なのです。

ちなみに、これまで折に触れてご報告してきたように、23世紀は貨幣経済が廃されていますから、法務士もすべて無償で活動します。21世紀人にはなかなか想像し難いことではありましょうが、23世紀にはあらゆる職業が無償のボランティア化されているのですから、何ら不思議はありません。

なお、前篇でも触れたように、衡平委員や真実委員の一部は必ず法務士から任命されることになっており、法務士はそうした公務員として民衆に奉仕する任務も負っているわけです。この場合も、勿論無報酬です。
[PR]
by komunisto | 2016-11-30 10:29 | 司法