<   2017年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2217年7月23日

ルシーオ〔ロシア〕探訪の続きです。前回ご説明したとおり、23世紀のルシーオ合同領域圏はルシーオ連合、極東ルシーオ、ベロルシーオの三領域圏から成るのですが、まずはルシーオ連合から。

ルシーオ連合はかつての旧ロシア連邦にほぼ匹敵する領域圏ですが、前回述べたように、極東地方が分離された代わりに、ウクライニーオ〔ウクライナ〕の東部地域の一部が編入されています。ウクライニーオはそちら21世紀には熾烈な内戦が起きている所ですが、その後の経緯についてはウクライニーオ探訪の際に触れます。

ルシーオ連合の政治的代表都市はサンクトペテルブルクです。この点、長くロシアの首都だったモスクワとは入れ替わっています。サンクトペテルブルクは、18世紀、ロシアのヨーロッパ化を推進したピョートル大帝によって建設された新都でした。

そこが再び政治的代表都市に戻ったのは、現在のルシーオがエウローポ‐シベリーオ〔ヨーロッパ‐シベリア〕環域圏の一員として、いわゆるヨーロッパに包摂されている結果、モスクワよりヨーロッパに近い西のサンクトペテルブルクに重心が移ったからです。

世界共同体という地球的枠組みの中で、ルシーオは旧ソ連時代や旧ロシア時代のように覇権や勢力を誇示することなく、ヨーロッパの一員として平和的に治まっています。覇権・大国主義的でない形で、ロシアのヨーロッパ化というピョートル大帝の意志が実現されているとも言えるでしょう。

ちなみに旧首都モスクワにはルシーオ合同領域圏の本部に当たる政策協調委員会が置かれ、ここもルシーオ合同全体の代表都市としては維持されており、全く寂れてしまったわけではありません。

他方、ベロルシーオは旧称べラルーシ時代から旧ロシアとは国家連合を組むほど緊密な関係にあり、その延長上で23世紀も合同を組んでいるようです。言語・文化的にはルシーオと近縁ですが、隣接するポランドからの影響も大きいとのこと。

ベロルシーオはルシーオ連合よりずっと小さくのどかで、畜産・酪農が盛んな領域圏です。政治的代表都市ミンスクはかつて旧ソ連時代風の無機質な都市と見られていたそうですが、23世紀には再整備が進み、こじんまりとして、芸術的なポスト近代建築の都市に生まれ変わっています。
 
それにしても、ルシーオ合同領域圏は広大で、短期間ではとうてい回り切れません。今回はシベリーオ方面には足を運べませんでした。とりあえず、この後は南下してウクライニーオに入ります。
[PR]
2217年7月1日

ルシーオにやってきました。旧ロシアです。相変わらず広大な領域圏ですが、23世紀には少し縮小されています。すなわち、旧ロシアの東のはてにあった旧極東連邦管区の部分が「独立」して、極東ルシーオ領域圏となっているのです。

この極東ルシーオは人口もまばらな地域ですが、実態としては東アジアに包含されるので、現在では日本も含まれる広域的なまとまりである東方アジーオ〔アジア〕環域圏の招聘領域圏として、オブザーバ参加しています。

現在のルシーオは旧ロシアの領土からこの極東ルシーオを除いた部分で成り立っています。それでもなお世界最大面積の領域圏であり、複数の準領域圏が結合した連合領域圏であります(ルシーオ連合領域圏)。

少しややこしいのですが、23世紀のルシーオは、このルシーオ連合領域圏と極東ルシーオ領域圏に、ルシーオ連合領域圏の西で接するベロルシーオ〔ベラルーシ〕領域圏の三つの領域圏が合同したルシーオ合同領域圏にまとめられています。

従って、この三つを合わせると、まさにユーラシア大陸にまたがる超広大な領域圏となりますが、これまでにもいくつか事例を見たように、合同領域圏とは独立の領域圏の緩やかな合同ですから、一つの帝国のようなものではありません。

ちなみに、かつて日ロ間の懸案であった北方四島は極東ルシーオの領域に含まれますが、現在では日本領域圏との共同管轄地域という折衷的な形で解決されています。その見返りとして、日本領域圏はルシーオ合同領域圏の招聘領域圏としてオブザーバ参加するという形で、クロスしています。

このような器用な芸当が可能なのも、国境で隔てられた国家をなくし、単一の世界共同体にまとまったおかげとしか言えず、21世紀までの主権国家体制下では不可能なことだったでしょう。

さて、こたびの旅行では、シベリーオ〔シベリア〕のはてにある極東ルシーオまでまとめて足を伸ばすのは厳しいので、極東ルシーオは後で改めて回ることとし、さしあたりルシーオ連合とベロルシーオのみ足を運ぶこととします。とはいえ、やはり広いので、詳細は次回へ。
[PR]