政党なき民主主義

選挙カーから発せられる“大きな音”を聞かされるにつけ、政党というものの空虚さを体感する。同様に感じる人は少なくないらしく、各種世論調査でも、支持政党なしのいわゆる「無党派層」は増大の一途である。

おそらく、かつては民主主義の代名詞とも言えた政党政治そのものの消費期限が過ぎているのだ。そう結論せざるを得ないほど、近年の政党政治は劣化が進んでいる。

そのことを「民主主義の危機」として不安視する見方もあろう。たしかに「強いリーダー」待望論のような形で、指導者の鶴の一声で動く権威主義的な独裁政治への憧憬がじわりと生じてきている気配はある。

それはたしかに危険であるが、政党政治の終わりは決して民主主義の終わりを意味しない。むしろ、政党政治という形態こそ、民主主義の過渡的産物にすぎなかった。政党政治は世襲を基本とする古来の王侯貴族政治を克服し、政党を媒介して政治参加の枠を拡大した歴史的な功績を持つ。

しかし、今では政党こそが政治参加の枠を狭めていると言って過言でない。政党政治とは裏を返せば、政党にコネクションのない者を政治の中心―議会―から遠ざけ、単に定期的に投票するだけの周縁的存在へと追いやる仕組みだからである。

こうした政党政治の終わりは、政党なき民主主義の地平を開拓するチャンスでもある。すなわち、政党に媒介されない民主主義の制度が新たに発明される可能性が眼前に開けているのだ。

発明という言葉は政治の世界ではなじみが薄いが、本来、政治制度は鉱脈のように「発見」するものではなく、機械のように「発明」するものである。政党や議会といった諸制度も、元をただせば近代の政治的発明物であった。

政党なき民主主義の制度は、政治を政党が選抜する職業政治家に委任するのでなく、政治すなわち自分たちが住む社会の運営を自分たちで処理するような仕組みとなるはずである。ただ、それは現実的に不可能な「直接民主制」ではなく、代議制の仕組みを継承しつつ、それをより「直接的」なものに練り上げていく方向に行くだろう。

増大する「無党派層」を最終的に独裁政治に絡め取られる羊の群れではなく、新しい民主主義の政治的発明家集団とするためにも、政党政治を民主主義の唯一の方法であるとみなすような狭い政治学から脱却することが急がれるのである。
[PR]