23世紀生活の長短

2213年12月29日

6月から23世紀の社会の様々な側面をひとわたりご報告してきましたが、全体に良いこと尽くめの書きぶりで、欠点はないのかという反問を21世紀人から受けましたので、中間総括的な意味で、長短をまとめておきたいと思います。

まず長所は何と言っても、貨幣なしで基本的な物・サービスが入手できることです。こうした無償供給経済が世界中で確立されたことで、生活難・貧困は世界から一掃されました。これは人類史上のまさに革命です。

この長所の偉大さは、すべての短所を相殺するほどだと言ってよいのですが、長所ばかり宣伝すると不興を買いますので、短所にも触れておきましょう。

まず消費生活の上では、物品供給所での行列が困りものです。人気物品は並ばないと品切れになることもあります。また入手できても取得数量が厳格に限定されていることも、不便に感じることがあります。この点は、交換に供する金さえあれば(あくまでも・・・)自由に物が買えた資本主義時代のほうが、便利な面はありました。

それとも関連して、電気使用量の制限措置もやや不便な点です。さすがに計画停電まではしないのですが、環境規制の一環として、電気使用―もちろん無償です―のリミットが厳格に決められており、それを超えると強制的に電気供給が止められる仕組みです。常識的な使い方であれば、まずリミットを超えることはありませんが、日々の電気使用量を常に把握しておく必要はあります。

もう一つの不便さは、病院の予約制です。最小限医療社会のため、病院自体が少ないのですが―その分、保健所や薬局が活用されていることはご報告しました―、原則すべて予約制ですから、急病でなければ診療が数か月も先になることがあります。その代わり、全身的な総合診療や精鋭揃いの専門医制度など医療の質は明らかに進歩しています。サービスの質の担保のため、量は制限するという策なのでしょう。

なお、個人的な不便さというか不満として、紙の書籍がほぼ消滅してしまったことがあります。本=電子書籍は23世紀の常識です。電子書籍にはそれなりの便利さもありますが、ページをあちこち自由にめくりながらのんびり拾い読みすることが好きだった私にとっては、不便な思いもあります。

こうして23世紀の社会も良いこと尽くめの楽園ではなく、短所や不満も決してなくはないのですが、先ほども述べたとおり、基本物資・サービスがすべて無償という最大長所の大きさは何にも代え難いものがあるのではないでしょうか。
[PR]
by komunisto | 2013-12-29 10:16 | 生活