住生活総合サービス

2214年7月28日

23世紀の生活で大変重宝することの一つに、住生活サービスの充実があります。生活していれば家電の故障から水漏れ、蜂の巣まで、さまざまな生活トラブルに遭遇しますが、そうした場合、行政の住生活サービスに電話するとすぐに対応してくれるのです。

こうした総合窓口は全市町村に設置が義務づけられており、地元S市では「住生活総合課」が正式名称ですが、通称で「なんでもやる課」と呼ばれています。

なんでもやるとはいっても、違法行為や公序良俗違反の依頼を受けないのは当然として、警察や消防が対応すべき事案や保健所管轄事項の依頼も引き受けません。また家電の修理のように専門業者でないと安全確実に実行できないような作業についても、専門業者への連絡手配をするだけです。

そういう制限はあっても、自分で営利系の対応業者をいちいち探さなければならず、中には運悪く悪徳業者にひっかかってしまうこともあった200年前より利便性に富む行政サービスだと思います。私も23世紀に飛んできてからすでに何度か「なんでもやる課」の世話になっています。

このなんでもサービス行政はおそらく昔の「すぐやる課」のような即応生活行政を発展させたものと思われますが、予算という貨幣経済特有の金銭的な枠に縛られた縦割り行政システムの中では十分に展開できなかった総合生活行政が、共産主義社会になって本格的に実現したのです。

本来、サービス―23世紀にはエスペラント語由来の外来語で「セルボ」と言われます―とは奉仕のことで、行政サービスとは行政による住民への奉仕にほかならないのですから、「なんでもやる課」のような総合生活行政こそ、本来の行政の姿なのかもしれません。
[PR]
by komunisto | 2014-07-28 10:09 | 生活