23世紀の時代劇

2214年9月30日

200年前、「時代劇」と言えばたいていは江戸時代もしくはその直前の戦国時代を舞台とした封建時代のドラマを現代劇俳優が演じるものでした。こうした封建時代劇は20世紀に発祥し、それが21世紀にもおおむね引き継がれていました。

23世紀にも「時代劇」と呼ばれるジャンルのドラマや映画は残されていますが、扱う時代は大きく異なり、近代です。それも昭和前期から中期頃までの「モダン」ながら、まだ前近代的な要素も残されていたレトロな感じのする舞台となります。

21世紀にもこの時代を扱うレトロなドラマはそれなりにあったと記憶しますが、それらを「時代劇」と呼ぶことはなかったので、筆者のような旧時代人にとっては時代感覚がずれているような感もあります。しかし世紀が進むにつれ、「時代劇」が扱う「時代」も少しずつずれていくのは当然とも言えます。

では、かつての「時代劇」に相当する封建時代を舞台とするドラマなどは消滅したのかと言いますと、そうでもなく、それは「古典劇」という名前に変わって存続しています。

ただ、「古典劇」はかつての「時代劇」ほどに大衆化しておらず、演劇愛好者向けの玄人的なジャンルとなっています。俳優も通常の現代劇俳優が着物を着て演じるというのではなく、「古典劇」だけを演じる専門の俳優と劇団が存在しています。

「古典劇」が通常のテレビ番組として放映されることはほとんどなく、専門劇団の公演として演じられるのが基本で、あとは映画のDVD頒布、動画配信などの方法によって愛好者層に向けて発信されるものです。

このように封建時代劇が廃れた理由についてはいろいろと文化論的な分析がなされていますが、封建時代が終わって350年近くを経た現在、さすがに封建時代人の心情や時代背景を理解し、鑑賞できる人は、一部に限られてきたからのようです。
[PR]
by komunisto | 2014-09-30 17:21 | 文化