公立ホスピス

2214年10月30日

ホスピスという言葉は、21世紀の皆さんもご存知かと思います。死を目前にした人の終末期ケアをする施設のことです。23世紀には「緩和施療院」といういかめしい正式名称が与えられているのですが、通称では今でもホスピスと呼ばれます。

ホスピスは、沿革的には宗教系慈善事業として始まったことから、かつては私立の施設が多かったのですが、現在では、公立のホスピスが各地にあって、終末期の患者が病院や在宅から移行する形で、最期を過ごします。地元S市にも一か所設置されており、先日見学してきました。

ベッド数は70床と案外大きな施設で、看板が出ていなければ小規模のマンションと見紛うような外観です。中に入ると、ホテルのような雰囲気で、看護師や医師も白衣を着ていないのが特徴です。つまり、病院風の雰囲気を極力排除しようとしているのです。

そうすることにより、一般住宅のような雰囲気の中で、最期の時を穏やかに過ごしてもらおうという趣旨です。もちろん、穏やかといっても、末期がんなどになると、痛みを緩和する医療的処置は必要になりますが、治療目的ではないので、なるべく病院風にはしないわけです。

このあたりは21世紀のホスピスとそう変わらないところだと思いますが、もう一つの特色はホスピスが在宅ケアにも対応することです。つまり、在宅で最期を過ごしたい人や、定員の関係上ホスピスに入所できなかった人向けに訪問サービスにも対応するのです。

こうした終末期ケアが充実した結果、病院では重体搬送者を扱う救急部を除き、看取りをしなくなっています。つまり末期になると、病院からは退院を迫られるのです。もちろん終末期ケアにつなぐ手はずは整えてくれますが、23世紀に病院死は原則としてありません。

これは一見冷徹な対応にも思えますが、病院はあくまでも治る病気を治して帰る場所で、自然に還っていく終末期ケアはホスピスでという機能分化が徹底しているのです。このような発想は、23世紀人の合理的な死生観に沿うもののようです。
[PR]
by komunisto | 2014-10-30 13:00 | 死生