選択的通学制

2215年2月24日

23世紀に飛んできてしばらくすると、近所に学校に通っていないように見える子どもが少なからず存在するようなので、調べてみたところ、その訳がわかりました。それは、23世紀の学校が選択的通学制を採用しているためでした。

選択的通学制とは要するに、学校に通学するかどうかは子どもと保護者の選択に委ねられるという制度です。通学しない選択をした場合は、自動的に通信コースに編入されますので、一切学校教育を受けないという選択は許されません。

以前の記事でご報告したように、23世紀の学校制度は義務教育の期間を13年間に延長しつつ、通学/通信を選択式にして、柔軟な制度に設計されているわけです。なお、通学/通信の選択は学期の節目であれば、いつでも自由に切り替えが可能という極めて柔軟性の高い制度です。

ただし、例外があり、健康体育と生活技術という実技系科目だけは、その性質上通信受講は不可能なことから、一律に通学が義務づけられているため、結果として通信生でも週何日かは部分的に通学する日があります。

とはいえ、義務教育は通学オンリーという時代を経験した者には、13年間ずっと通信制で学ぶとなると、いわゆる社会性の涵養が疎外され、ある種の引きこもりになってしまうのでは?という心配も浮かびます。この点、教育関係者に尋ねてみると、怪訝な顔をされ、おおむね次のような回答をされました。

23世紀の学校は社会性云々ではなく、生徒個々の資質や適性を発見し、それを伸ばす手助けをすることに重点を置いているところ、学びのスタイルについては通学/通信いずれでもよく、自分に向いたコースを選択するほうがむしろ身につきやすい、と。

なるほど、23世紀的な合理主義思考に基づく教育観であると思います。考えてみれば、学校嫌いで毎朝の通学に苦痛を感じていた筆者にとっては、羨ましい制度です。

もっとも、社会性の涵養も無視されているわけではなく、それは学校とは切り離して、地域少年団という公的な集団活動の役割とされているそうです。これは通常の教育とは別立てとなっているため、改めてご報告することにします。
[PR]
by komunisto | 2015-02-24 09:50 | 教育