人気ブログランキング |

マイ天気予報

2215年11月27日

23世紀に飛んできて、当初不便に思ったのは、公式の天気予報がないことです。かつて生活の一部のようになっていた天気予報は、いったいなぜ消滅したのでしょうか。驚いたことに、天気予報は法律で禁止されているのです。

その理由として、予報は外れるからというのです。気象観測の技術レベルがどんなに向上しても、科学は予測するものではなく、事後分析するものですから、予報は外れます。天気予報外しは時に人を誤った判断に導き、重大な結果を招くので公式の予報は許されないのです。

ただし、重大災害の警報は別です。災害警報は予報とは異なり、重大災害の差し迫った危険が認められる場合に発せられるもので、かつてのように危険性に応じたランク付けはありません。警報にランクを付けると、そのランク予測が外れた場合に、やはり重大な結果を招きかねないからです。

こうした重大災害警報を出すのは、中央災害対策本部という常設の危機管理機関であって、気象庁ではありません。気象庁という役所は廃止され、旧気象庁は現在、気象地質観測センターという純粋の研究機関に再編されています。災害警報は同機関の観測をベースに、災害対策本部が発する仕組みです。

ここで天気予報禁止といっても、それはメディアなどを通じて公に予報することの禁止であって、各人が個人的に予測すること、言わば「マイ天気予報」は自由です。気象地質観測センターはリアルタイムで気象観測画像及び天気図を公開しており、それを端末に取り込むアプリもありますから、個人で天気を予測することは自由なのです。

つまり平時の天気予報は自己責任で、ということです。ちなみに、かつてテレビではちょっとした「顔」だった気象予報士という資格はもう存在しません。気象を専門にやりたければ、先のセンターに入職するのが近道とされています。

公式の天気予報がなくて不便に思わないか周囲に聞いてみますと、「天気予報なんて星占いみたいなものでしょ」という冷めた答えが返ってきました。これも23世紀人に科学的思考習慣が定着しているゆえんかもしれません。
by komunisto | 2015-11-27 07:55 | 文化