普及するロボペット

2216年4月16日

ペット動物の形をしたロボペットというものはそちら21世紀でも開発されているようですが、まだ普及するには至らず、ペットと言えば圧倒的に生身の動物のペットが多いと思います。23世紀にはそれが逆転しています。

つまり、生身の動物をペットとする人は少なく、ペットの多くはロボペットなのです。理由としては、以前のたよりでもご報告したとおり、23世紀には動物権利法により動物の保護が格段に強化されているため、ペットの飼育に関しても厳しい法的制約があることです。

その点、機械であるロボペットは動物権利法が適用される「動物」には当たらず、毎日の餌やりすら必要なく、不要になればゴミとして廃棄することも可能なため、生身の動物に代わって普及しているようです。

しかも、ワンコ、ニャンコのような典型的な愛玩動物に限らず、ライオンとかゾウ(ゾウはさすがに等身大よりは小型ですが)のような通常は個人で飼育不能な大型動物のロボペットまで開発されていて、実際そうした大型動物系ロボペットを「飼育」している人も結構いるようです。

これらのロボペットは外見上本物そっくりに作られているので、一瞬本物の動物がいるように見えます。また動物の毛や皮膚に似た感触の素材で作られているため、触ってみても本物感覚を味わえるのが特徴です。

ロボペットは電池で動かす仕組みですが、23世紀の電池は長持ちするため、普通の使い方ならば、何年間も電池交換せずに動かせるそうです。ちなみに、スイッチを押すと、鳴き声も本物そっくりに出る仕組みを備えているので、比ゆ的に言えば、剥製動物が実際に動き出すような感覚です。

もちろん貨幣経済ではありませんから、ゾウのような大型動物系ロボペットでも無料で入手できますが、一部の量産品を除き、ロボペットは専門工房による注文生産となるため、手元に届くまでには一定の時間がかかります。
[PR]
by komunisto | 2016-04-16 11:41 | 生活