2014年 05月 29日 ( 1 )

2214年5月29日

前回、23世紀の介護職の方の言葉を伝えたところ、大変な仕事なのに報酬なしでも短期離職が少ないとは信じ難い、どんな資格と働き方になっているのかとの質問を21世紀の読者より受けましたので、調べてみました。

まず、23世紀の介護職はいくつかの系統に分かれており、最も初歩的なのは「家事援助員」と呼ばれるもので、その名のとおり、高齢者や障碍者宅を訪問して家事の手伝いをするホームヘルパーです。職務内容は家事援助のみで、身体介護はできません。

家事援助員は資格というより、行政主宰の決められた講習を一定時間受ければ誰でもできる仕事です。より本格的な資格として「介助士」があります。これは俗に言う介護士のことです。介助士になるためには、生涯教育機関である多目的大学校や専門技能学校に設置された教育課程を修了したうえで、実技試験に合格しなければなりません。

介護職の働き方は、介護スタチオ(ステーション)に所属するか、もしくは介護付き住宅に勤務するかのいずれかが基本です。家事援助員はパート勤務ですが、介助士は常勤ないし非常勤の正規職員です。ちなみに23世紀社会に介護施設というものは存在しないので、施設勤務という形態はありません。

介護離職者が少ないのは 23世紀には重度の要介護者が少ないため、比較的ゆとりをもって作業できることや、施設勤務というかつて低賃金過重労働の象徴でもあった介護労働が消滅したことも関わっているようです。
[PR]
by komunisto | 2014-05-29 10:07 | 福祉