2015年 05月 31日 ( 1 )

2215年5月31日

そちら21世紀日本の5月は、春季運動会の季節でしょうか。20世紀には運動会は秋とほぼ決まっていたのですが、21世紀には春が増えたそうです。理由は残暑による熱中症を防止するためとか、行事の分散化を図るためとか、受験勉強の妨げにならないようにするためとか、いろいろ言われているようですが、よくわかりません。

こちら23世紀日本ではどうかと言えば、そもそも運動会という学校行事自体がありません。運動会好きには寂しいかもしれませんが、私のような運動音痴には羨ましい限りです。ついでに言えば、修学旅行という定番行事もありません。これも、集団旅行苦手の私には羨ましい限りです。

要するに、23世紀の学校には全員参加型の行事というものが、ほとんどないということになります。あるのは入学式と卒業式くらい、学期ごとの始業・終業式もクラス単位の自由形式で行うだけと聞きます。

学校ごとに多少の違いはあったでしょうが、合唱コンクール、学習発表会、社会科見学等々、学校行事は毎学期何かしら組まれており、教師も生徒も準備やリハーサルなどで多忙だった学校時代を思い出すと、23世紀の学校とは、私どもが通った学校とはまるで別世界のようです。

23世紀型学校生活はずいぶんと簡素化されていることになりますが、これは、学校という場の存在理由が大きく変化したためです。かつての学校ではとかく「集団生活」への適応が強調され、悪く言えば子供たちを家から引っ張り出して昼間強制収容する場だとも言えたわけです。

従って、全員参加型の学校行事も単なる息抜きや娯楽ではなくして、集団としての団結心や集団における協調性を養うためといった教育目的の下に、長く続けられてきたものと考えられます。

それに対して、23世紀の学校は個別的に子供たちの資質を発見し、伸ばす場となったのです。そのため、以前の記事でも報告したとおり、学校はどの学年でも通学制/通信制を選択できるようになっており、通学制課程にあっても、集団性より個別性が優先されますから、カリキュラムの自由度が高く、行事も最小限なのです。
[PR]
by komunisto | 2015-05-31 09:25 | 教育